ラフティング in 保津川

春の保津川です

桜は散りかけてます・・・・・

お久しぶりです。
全くバスに乗っていない今日この頃です。

段々と旅と縁遠くなっているのが悲しいです。でも本当に旅に出た時には、前より貪欲に旅を楽しんでいる気がします。

今年の春、まだ少し水が冷たいんじゃないかと心配な4月の初めに保津川に行ってきました。

やってみたいけど、いやー、(ヾノ・∀・`)ムリムリって思ってたラフティングです!!

20代ならともかく・・・・
30代ならともかく・・・・
40代で行くか?無理せんときーな
っていうイメージのラフティングに、なんとアラフィフメンバーで参加しました。

徳島と高知の境の吉野川が近場では有名ですが、さらに近い保津川でもできるということで、チャレンジ!!

メンバーは私を入れて4人。インストラクターさんが2人います。

水量がとっても多くて、保津川下りの船は中止になっているほどです。
それでもラフティングってやるのね・・・・。いや、中止はもっと困るけど・・・・

インストラクターさんが、絶対に落ちますっていうので、覚悟してはいたんですが、いざ出発となると水量が多いので、落ちたら怖いと思う気持ちが強くなって、体がガチガチに。

保津川下りの遊覧船は何回か乗っているので、急流のあるところはある程度記憶にあります。

保津川下りほどの長い距離ではありませんが、約1時間半の予定です。

ひぃぃぃっ!!来た~~~~!!

きったなーい色の水が・・・・ゲフゲフッ・・・・、隣で「飲んでもた~!」という声が(汗)。

けっして保津川の水が汚いというわけではないのですが、濁流になっているので、色がね(汗)

ひぃひぃ、言ってるんですが、インストラクターにパドルを上げて「イェーイ!」とやれと言われるもんですから、必死でやっているところです。

保津峡でボートを降りて、駅まで歩きます。

この格好で電車に乗りました。これが恥ずかしい(^_^;)

ひと駅ですが、降りるときには私達の体から滴った水をインストラクターさんが拭いてくれてました。

保津峡の橋の上からの画像です。
この間、女たちの特捜最前線で出てきたなぁ・・・(第一回しか見てないけど)

いかがですが?

お値段も5000円ほどで、保津川下りとあまり変わらず、ウェアも貸してもらえるし、何より思い出深さは120店満点です。

あまりに楽しくて、次回は絶対に吉野川行こうって誓い合ったのですが、なかなか休みがとれなくて今年は無理かなぁ・・・。ぜひまた行きたいです。

カテゴリー: 京都府, 日記みたいなもの | コメントする

姫路城グランドオープン

image          image

image

今日はいよいよ姫路城のグランドオープンです。

昨日は前日のイベントでブルーインパルスのショーが行われました。

6万人もの人が集まったそうですが、オープンしたらどうなるんでしょうね?

天守閣には1日1万5千人しか入れないそうですけど‥‥

1時間あたりは1660人に制限されるとも聞きました。

白亜の天守閣綺麗です。

image

屋根瓦にも漆喰が盛ってあるんで、真っ白けですが、そのうちカビで黒くなっちゃうらしいです。

どれくらい白いままでいられるんでしょうね?

カテゴリー: 兵庫県, 未分類 | 2件のコメント

2-IMG_0554

2014年5月18日現在の姫路城です

まだ全部見えませんが、今年の夏には外観だけは完成の予定です

1-IMG_0559

今年は姫路も寛兵衛関連でそこそこ賑わってます

また改めてお知らせしますね

カテゴリー: 兵庫県 | コメントする

天満天神

ご無沙汰しております。

毎度毎度この文句で始めるのも、辛いものがありますね・・・・。

昨日、大阪に忘年会に行ってきました。ガイド正社員時代の仲間との忘年会ですが、ほぼ同窓会気分です。ずっと年賀状のやりとりはしていても、会うのは二十数年ぶりの同期の仲間に会えて、とっても嬉しかったです。

いやー、ほんと、涙の再会って感じでした。誰もがお互いに変わってないねーって。絶対変わってるに決まってるのにねー。でも、本当に変わってないって思った。(運転手のおじさんたちは、ずいぶん変わって、みんなじーさんになってたけど(笑)。

せっかくなんで、忘年会の前にどっか行きたいなーと思い、一人ミニツアーを計画しました。

当時、大阪にいた頃、比較的近かったのに一度も行ったことのない場所がありました。ずっと一度は行ってみたいと思ってたのに、行けなかったところ・・・・天満の天神さんです。大阪天満宮。

今更ながら、ここに行きたくなった理由。それは・・・・、実は今、ものすごーく、ハマってるものがあります。

朝ドラ「ごちそうさん」です。

いやー、毎日録画して3~5回は見てますよ。恥ずかしいくらいハマってます。

この「ごちそうさん」に天神祭が出てきます。東京の神田祭、京都の祇園祭と並んで日本三大祭とされる、この天神祭も残念ながら一度も行ったことはありません。仕事中に高速道路から花火を見たり、船が出てるのを見かけたことくらいはありますが。

とういうことで、忘年会だけど、せっかくなんで「ごちそうさん」一人ツアーいってみよー!!

東梅田から谷町4丁目へ。NHK大阪からスタート!!

NHK大阪は大阪城の隣りです。

02-IMG_0307

NHK大阪の隣りには歴史博物館があります。

01-IMG_0305

06-IMG_0312

中に入ると、BKプラザってとこがあります。横に9階への直行エレベーターがあって、これに乗りまーす。

03-IMG_0308

杏ちゃんがまってくれてますー!!

じゃじゃーん!

04-IMG_0309

西門夫妻がパネルでお出迎え~。光の当たりどころが悪くて、悠太郎さんの頭が光ってます(涙)。

ここから奥は撮影ができませんが、下の写真で人だかりがしてるとこ、ありますよね。実はここから撮影中のスタジオが覗けるようになってるんです。

05-IMG_0311

人が多くて、覗くの大変でしたが・・・・。スタジオは8階(?)にあって、ここから見下ろせるんです。その時の撮影状況によっては、見えないこともあるらしいですが、この日は杏ちゃんがいました!見えました!!杏ちゃんはよく手を降ってくれるそうです。この時も、私には見えなかったけど、「手ふってくれたー!」って大喜びしてる人がいましたから。

声は聞こえないけど、テレビカメラのモニターがあるんです。この時は119話の撮影してました。たった15分のドラマでも、やっぱり時間かかってるんだなーって。本当に大変そう。あんまり長くいられなかったけど、すごく感動しちゃいました。

一応天満宮は行っとかなきゃ-ということで、地下鉄で南森町に移動。

09-IMG_0317

08-IMG_0316

ほほ~。大阪市内にしてはさすがに境内も大きいな-と。手を合わせておきました。受験生じゃないけど。

10-IMG_0323

繁昌亭です。

残った時間は天神橋筋商店街をブラブラ~。土曜日でけっこうな人出でした。

1-IMG_0313

12-IMG_0326 11-IMG_0325

「ごぶごぶ」で紹介されてたコロッケのお店、「中村屋」さん。時間が遅かったので、もうすでにコロッケは売り切れてました。

07-IMG_0314

13-IMG_0327

最後は天六の「大阪くらしの今昔館」、ここは時間も遅くなってしまったので、入っていませんが、この日はたまたまここで、「ごちそうさん」の西門悠太郎役、東出昌大さんのトークショーがあったんです。見たかったけど、応募締切日に気がついたんで、手遅れでした。くやし~~~!!

ささやかな、2時間ちょっとのミニツアーでしたが、杏ちゃんの姿をちょっとだけでも見れて、幸せでした。

この後の忘年会と二次会で、再会に喜び、酒が進み、終電に間に合わなくなってしまったという、オチがついてしましましたが・・・・。

カテゴリー: 日記みたいなもの | コメントする

新島邸

大河ドラマ「八重の桜」も舞台を会津から京都に移しましたが、今日紹介されていた新島邸は私も訪れました。

春の桜の時期に訪れたものですが、ここに載せようと思っていながらほったらかしでした(汗)。

画像だけの紹介ですみません。とても雰囲気のよいところでしたよ。

P1000928

カテゴリー: 京都府 | コメントする

三ツ矢サイダー ミュージアム

もう夏休みに入りましたねー。

毎日とっても暑いです。子供の頃は夏がとっても好きだったけど、今はもう昔のこと・・・・って感じです。

夏休みにどこに遊びに行くか予定は決まりましたか?

もちろん家族で旅行や、楽しい遊園地(言い方が古いですかね・・・)とか、まー、色々ありますが、あてのない方には工場見学なんかもオススメです。

少し前に見たパンフレットがこれです。アサヒ飲料の工場見学。兵庫県明石市です。

asahiakashi

三ツ矢サイダーミュージアム。ふぅ~ん。

で、ちょっと三ツ矢サイダーをググってみると、「へー、ほほ~!」とけっこう興味深い歴史とかあったりして、行ってみたくなったんですよね。

日本で一番古いサイダー、ではなかったですが、ほぼそれに等しい長い歴史と、発祥が兵庫県ということで、これはぜひ紹介しなければと思ったわけです。

兵庫県川西市の平野鉱泉が発祥で、宮内省が炭酸水の御料工場を建てたことに始まるのだそうです。

次から次へと生まれては消える日本の清涼飲料水。海外に行けば、日本の飲み物の種類がどれだけ多いかわかりますよね?

たまにはこんなジュースのことも勉強してみてはどうでしょうか。もちろん夏休みということで、自由研究のテーマにもよいかと・・・・。

asahiakashi2

見学は無料ですが、予約が必要です。サイダーの試飲ができたり、お土産がついてたりするそうです。

でもお盆期間中はお休みみたいです。あと駅から歩いて行くのはちょっと大変かも・・・・。

詳しくはホームページで確認してください。

三ツ矢ギャラリーを見れば、三ツ矢サイダーのことが詳しくわかります。ぜひ見学の前にご覧になってみてください。

カテゴリー: 兵庫県 | コメントする

八重の墓

P1000797

こんにちは!5月ももう後半ですね。ずいぶん暑くなって来ました。

今年の春のスルッと関西3dayチケットで、また京都を訪ねました。

上の写真は紅葉の名所「永観堂」ですが、今回はここからスタートです。

とはいっても、永観堂は参拝していません。今回のテーマは「八重の桜」です。そうNHK大河ドラマの「八重の桜」です。ドラマももう半分終わりましたが、おかげさまで順調に視聴させてもらってます(笑)。、またこのドラマのおかげで『幕末』という日本の歴史の一部分が理解できてきたような気がします。

興味が出てきたので色々調べて、「福島と山口の因縁」などがわかるようになりました。白虎隊という言葉は知っていても、何があったか聞いても、年端もいかない若者が戦いで亡くなって「かわいそうに」という印象しか残っていなかったのですが、ようやく全体像がつかめました。

とういうことで、主人公新島八重にまつわる場所を訪ねてきたきました。(前置きながーい)

まず最初に尋ねたのが京都東山の同志社墓地です。ここに新島襄と妻・八重のお墓があります。

京都の市バス5系統に乗って、「南禅寺永観堂道」で降ります。バス停から徒歩3分で上の画像の「永観堂」に到着です。

P1000800

上の地図の下の方にあるバス停Bから山に向かって進むと永観堂です。

そこから若王子神社へ向かいます。

P1000803

ちゃんと案内板出てます。

若王子神社といえば、ご存知「哲学の道」のスタート地点としても知られています。

P1000806 P1000807 P1000809

そう、お気付きの通り、桜が咲いています。ちょうど桜の時期でとっても奇麗でしたー。P1000812 P1000813

P1000836

まずは若王子神社です。紅葉の名所としても知られていますが、桜も奇麗でしたよ。哲学の道を訪ねる時はぜひ立ち寄ってみてください。

神社の背後にある若王子山頂に墓地があるのですが、境内の中からではなくて、隣に登り口がありました。

P1000817 P1000819

緩やかですが、山の頂上まで約20分と書いてあります。急ぐと息が切れそうだったので、ゆっくり登りましたが15分くらいで着いたと思います。

P1000820

八重さんのお墓です。

P1000828

こちらが2人目のご主人、新島襄先生のお墓です。

P1000831

こんな風に並んで立ってます。

他にも八重さんのお兄さん山本覚馬のお墓に徳富蘇峰のお墓など、同志社大学の歴史に関係ある人物のお墓が並んでいました。

P1000830 P1000825 P1000822

ドラマの八重は綾瀬はるかさんののほほんイメージが漂っていますが、今後綾瀬さんがどんな風に「悪妻」「烈婦」とも呼ばれた八重を演じるのか楽しみです。

この日は他に新島襄旧宅など八重関連の場所を訪ねましたが、ちょうど京都御所一般公開の時だったので、見学コースに入れちゃいました。ついでと言ってはなんですが(^_^;)。

またの機会に紹介したいと思います。

カテゴリー: 京都府 | コメントする

三ツ山大祭

はや、今年も4月になってしまいました。
あっというまに、夏になりそうです(汗)。

今年は伊勢神宮の式年遷宮の年です。でも普段の生活では、あまりそういったニュースを聞くこともありません。たぶん地元の方、あるいは中部地方のニュースにはなってるのでしょうか?三重県って本当は近畿でしたよね(汗)。

式年祭は全国のいくつかの神社で見られ、鹿島神宮、香取神宮、諏訪大社などが知られますが、私の地元・播磨の総社にもこの式年祭があったのです。

現在お祭りの真っ最中。

花見もかねて行って来ました。

姫路の「総社」の名で親しまれている「射楯兵主神社」は姫路城のすぐお隣にあります。

この総社の20年に一度の大祭が三ツ山大祭です。この神社には60年に一度行われる一ツ山大祭と20年に一度の三ツ山大祭の2つの式年祭があるのだそうです。今回は第22回式年三ツ山大祭で、日程は3/31~4/7です。

山車や曳山ではなく、置山という造り山で、自然の山が山車に変化していく中で、自然の山に次ぐ原始的なものだそうです。

こんな感じです。
P1000747

三つ山がありますよね?

P1000750

上の画像は「小袖山」という山です。

P1000753

よく見て下さい。本物の小袖です(笑)。

P1000758

こちらが神門です。

なかなかの人出でした。

このお祭りは1週間続くのですが、この日は五種神事が行われる日で、流鏑馬や競べ馬などの神事が奉納されるということで、大勢の人が見物に集まっていました。場所は姫路城三の丸広場です。

ちなみに2日めには横綱白鵬関による土俵入り奉納がありました。

三の丸広場に移動開始です。

桜が満開です。

P1000764

P1000767

奥に見えるビルのような箱が現在の姫路城天守閣素屋根です。

P1000778

なかなか見えないので、こんな画像しかありません(涙)。

P1000786

こちらも必死で腕を伸ばして撮った画像なのですが、メインイベントなどは全然撮れませんでした・・・・。ま、現在の姫路城がこんな感じなんだーくらいで(汗)。

播磨国総社・射楯兵主神社公式HP

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

2014年NHK大河ドラマ 軍師官兵衛

来年、2014年の大河ドラマは、「軍師官兵衛」に決定!!

来年の話をすると鬼が笑うといいますが、去年の10月にに決定しました。
V6の岡田准一さん主演で、戦国武将の黒田孝高を描く予定だそうです。

姫路駅では決定の次の日に、観光案内所の外壁に大きな文字で決定の報告が書かれ、その後すぐ横断幕が張られました。

「姫路出身の黒田官兵衛」なのだそうです(汗)。確かに姫路城も出てくるでしょうが・・・・。なんか必死な感じがちょっとなぁ~なんてね。

DSC_0038
播磨灘物語(1)~(4) (講談社文庫)

大河ドラマは、そのゆかりの地に経済効果をもたらす印象がありますが、今年は東北復興支援のため、福島県会津出身の新島八重を主人公にしたドラマ「八重の桜」となったそうです。

昨年の大河ドラマ「平清盛」は、視聴率がすごく悪かったようですが・・・、やっぱり何らかの効果はあったのでしょうかねぇ?
映像が暗くて汚いなどといった知事発言もありましたが(汗)、福山雅治の龍馬伝もけっして鮮やかな映像ではなかったかと。確かにリアリティはあるかもしれませんが、狙った効果はハズレじゃなかったかなーと。

平清盛の経済効果は、厳島神社などには来島者が過去最高を記録するなど、多少はあったようです。

今年の大河ドラマは、当然会津が中心になるのでしょうが、もちろん八重の旦那様新島襄といえば同志社ですから、京都も舞台のひとつになるのでしょうね。

しかしまたもや私の苦手な幕末モノです(汗)。(幕末~現代かな?)

龍馬伝は残念ながら挫けてしまいましたが、今年はなんとか頑張って最後まで通して見たいと思ってます(笑)。

そして今年は少しばかり黒田官兵衛ゆかりの場所を尋ねようかな~なんて思ったりしてます。

DSC_0040
(姫路駅の観光案内所に展示されてます)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

塩味生大福 

DSC_0043

塩味生大福を御存知ですか?

前のブログでは紹介したことがあるのですが、ここでもう一度紹介したいと思います。

赤穂の名物に塩味饅頭というのがありますが、とても有名で関西圏では馴染みのお土産です。赤穂に行かなくても、百貨店や近辺のいろんなところで買えます。

その塩味饅頭から派生したような商品で塩味大福や塩蒸し饅頭なと色々出ているのですが、その中で私が大好きなのが上の画像の「塩味生大福」なのです。

少し前までは山陽自動車道の龍野西サービスエリア上り線でしか買うことができなかったのですが、最近これが姫路駅で買えるんです!!

姫路駅のハートインやおみやげ楽市で販売されるようになりました。

ちなみにこの大福は冷凍で販売されています。冷凍じゃないのもありますが、それは自然解凍されたものです。正直言って常温で食べるとあまり美味しくありません。お薦めは冷凍状態から冷蔵庫にいれ、1~2時間たったものを食べるのがおすすめ。まだ全部解凍されきってない状態で食べるのがベストです。

買ってすぐ食べたい場合でも、冷凍のものを買って、常温で15分以上待ってお餅が柔らかくなってから食べるほうが、冷蔵状態で売られているものを食べるより美味しいです。(まぁ、個人の好みですが)

手に入りやすくなった塩味生大福をぜひ一度食べてみて下さい。

龍野西サービスエリアは別として、姫路以外でも売られているかもしれませんが、赤穂では売ってないかも・・・・(汗)。

カテゴリー: おみやげ, 兵庫県 | 2件のコメント