尼崎市

尼崎市は人口約46万人で、かつては兵庫県第2の人口を持つ町でしたが、現在は姫路市、西宮市に次いで第4位になりました。

尼崎と言えば、アスベストやらJR福知山線脱線事故ですとか、あまり良いイメージがありません。工業都市として堺市とともに大阪の両翼をなしてきた 尼崎市は、公害の町のイメージが長くありました。もちろん最近では大きく改善され、住宅地も増えてきました。

元々尼崎の商工業の中心は阪神尼崎駅周辺ですが、平成9年にJR東西線が開通して、JR尼崎駅に新快速、快速の全てが停車するようになり、また福知 山線の分岐駅でもあるので、交通の便の良い町のイメージが強くなりました。ただし、これが脱線事故の原因のひとうになったともいえるような気がしますが。。。(阪神尼崎駅もなんば線が開通して便利になりましたが、JRと阪神は離れているので徒歩移動はかなり無理があります。約2キロ)

また尼崎市は兵庫県なのですが、電話の市外局番も大阪と同じですし、尼崎市民は出身地を聞かれると大阪と答える人が多いようです。

尼崎出身の有名人にはダウンタウンさんがいますが、なんとなく二人のイメージが尼崎のイメージになっているような気もします。たしかにお隣りの西宮 とはイメージが正反対かも・・・。

残念ながら尼崎にはお薦めの観光地らしきものはありませんが、人形浄瑠璃作家であり、歌舞伎作家でもあった近松門左衛門と深い縁があります。市内の 広済寺というお寺は晩年の近松門左衛門がよく執筆していた場所だといわれます。俗に近松寺といわれ、近松門左衛門のお墓があります。また周辺には近松公 園、近松記念館があり、一帯を近松の里と呼んでいます。(近松門左衛門のお墓は大阪の妙法寺とこの広済寺の2ヶ所にあります。)

高速道路を走っているとよく県境や町境で新たに入る町の看板がでていますよね?あれをカントリーサインというそうですが、西宮市は「甲子園球場」、 尼崎市は「近松門左衛門の人形浄瑠璃」の絵が描かれています。

尼崎の地名については諸説ありまして、地形が少し突き出しているところだったので海の先、海の崎から「あまのさき」⇒あまがさき、尼崎になったとい う話や、海の幸が豊富だったので、あまがさち⇒あまがさきの説などがあります。

またこんな話もあります。

今からちょうど800年前、大阪でお坊さん達のマラソン大会がありました。大阪を出発し、神崎のあた りまでは、お坊さんが先頭を走っていましたが、この辺りまで来ると、尼さんが変わって先頭に立ちました。それを見た周りの人が「尼さんが先や、尼さんが先や」といったので、ここは「尼が先」から「尼崎」と呼ばれるようになったとか・・・。

マラソン大会はまだまだ続き、後ろを走っていたお坊さんが尼さんに向かって、女のくせに先を走るとは けしからんと怒り始めました。尼さんは「かんべんしておくれやす。かんべんして。」と謝りました。尼さんが「かんべんして」と謝った場所が「かんべん」⇒ 「こうべ」になったということです。今からちょうど嘘800年前のお話でした・・・。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク