観光バスガイド

バスガイドとは大型観光バスで旅行する方々のために観光案内を中心としたお世話をする仕事です。

バスガイドは九州の亀の井バスで誕生したと言われています。(東京はとバス 説もあるようですが)
2000 年まで大型観光バスは路線バス以外ではワンマン運行が許されず、車掌が同乗することが義務づけられていました。このバスの車掌がサービスとして観光案内をするようになったのが、バスガイドです。しかし、大型バスの規制緩和によりワンマ ン運行が可能になったため、必ずしも車掌であるバスガイドは運行に必要ではなくなりました。そのためバスガイドのいない旅行も当たり前になっているのが現状です。つまり以前はお客様がいらないといってもバスガイドあるいは車掌が必ず付いてきたのですが、今はお客様が必要ないといえば、特殊な場合(場所によってどうしてもワンマン運行が危険な場所を通る時などや、運転手ひとりでは負担の大きい仕事など)を除いて、バスガイドの乗車を断ることができるようになっています。あるいは最初からバスガイドの乗車を別料金に設定しているバス会社もあります。

私自身も元バスガイドです。現在も月1くらいの割合ではありますが(10~11月の繁忙期は増えます)、バスガイドとして仕事をしています。トータルでは20年くらいの経験でしょうか。(経験年数ばっかり増えて・・・)

大変そうに見える仕事だと思いますが、それ以上に楽しい仕事でもあります。
高校を卒業してすぐバスガイドになり、いきなり世間の荒波に揉まれてすぐ辞めてしまう人も多いのですが、ある程度の経験を積むと、人あしらいも慣れて、それなりに楽に仕事ができるようになります。
色々な所に行けて、温泉に入れて、美味しいものを食べることができます。(そうでない場合も大いにありますが。)
もちろん楽ばかりではありません。日々色々な勉強は続けなければなりませんし、体力も必要、真っ黒に日焼けもしますし、大変なことは多いです。

かなり個人的に偏った意見ですが、私にとってバスガイドの仕事の良かった点は、致命的なミスを犯すということがほとんど無いというところです。(自分がかなりのおっちょこちょいなので)
間違った事を案内しても、大抵は謝れば許されます。(正直間違っていても、ほとんどのお客様にはわからない)また何かミスした場合でも致命的になるようなものが少なく、素直に謝れば許してもらえるようなミスがほとんどです。(まったく何もないわけではありません。例えば遅刻などは致命的なミスとなります。寝坊はどんな仕事でも厳禁でしょうが、特にこの仕事では許されません。最悪の場合、バス料金そのものの値引き対象になったりすることもあります。)
後は、どんな仕事にもありがちな人間関係のストレスが少 ない事です。苦手な運転手と一緒になっても、仕事をするのは1~3日だけ。嫌なお客様がいても、1~3日辛抱すれば、もしかしたら2度と会うことも ない・・・かもしれません。 ずっと毎日一緒ってことがないんです。
人間関係だけについていえば、バス運転手や旅行会社の添乗員にも同様の事が言えますが、バスの運転手さんのようなお客様の命を預かっているというプレッシャーもなければ、添乗員さんのような旅程に関する責任などもなく、笑顔で案内し、お世話をすることだけなので、慣れると本当に楽です。

ではどうやってバスガイドになるのでしょう?
バスガイドになるためには、まずバス会社に入社しなければなりません。そこで研修しながら、少しずつ仕事に行ける範囲を広げていくのです。

バス会社に就職する以外に方法はないの?
バスガイド養成所のようなところが全くないわけではないですが、仕事の量や待遇面、また教育に関しても、普通にバス会社に入るのがベストです。年齢制限については、新卒でなくとも、中途採用をしているバス会社もありますが、全くの素人の場合は20代前半までだと思ってください。

バスガイドのアルバイトって?
一般的な意味のアルバイトとは内容が違います。
地方のバス会社では、正社員のまま定年を迎えるまで仕事をしているバスガイドもいますが、都会のバス会社ではまずいません。なぜなら都会のバス会社のほとんどがバスガイドの給料は5年くらいで昇給が頭打ちになるからです。そして産休制度なども無く、結婚してやめていく人がほとんどだからです。このため、一度バスガイドを辞めた人が、再びバスガイドの仕事をする場合はアルバイトとして働くことがほとんどです。

業界において、アルバイトガイドと呼ばれたり、クラブガイドと呼ばれることが一般的です。ガイドクラブというものがあって、そこに所属してるガイドや、会社は退職したけれ ど、経験があるので嘱託社員やアルバイトとしてバス会社に直接雇われたり、声をかけられたりしたときだけ乗務する人などのことを指します。

アルバイトガイ ドになるためには経験が必要です。少なくとも3年くらいの経験が必要だと思われます。つまりバスガイドはアルバイトから始めようというのは無理なのです。どちらかというと世間とは逆にアルバイトの方がベテランなのだと思ってください。

私自身はガイドクラブに所属しています。これは派遣会社とはまた違ったもので、家政婦協会と似た制度らしいです。バス会社がガイドを要請して来た時に、登録しているバスガイドを出動させるのです。一般的にシーズン 中といわれる4~6月、9~11月はどこのバス会社もガイドが足りません。そこでガイドクラブからバスガイドが派遣され、そのバス会社のガイドとして仕事 をするのです。ガイドクラブに所属している点で良いことは、日当が高いこと、シーズンオフでもバス会社はある適度の仕事を回してきてくれるという点です。

バスの世界ではアルバイトガイドは世間一般のアルバイトと扱われ方も違います。派遣社員のような扱いを受けることもありません。経験の少ない若いガイドよりもお客様の扱いに慣れているし、トラブルの対処もできる、また4~5年くらいの経験の運転手より道もよく知っているといった面で、それなりの扱いはしてもらえます。日当だけでいえば、正社員よりもお給料も上です。もちろんそれによって多少プレッシャーがかかる場合もありますが。

こういった収入面などを考え、一般的に都会ではバスガイドは4~5年で正社員を辞めて、アルバイトガイドになることが多いのです。
しかし現在の状況では、アルバイトガイドも収入面が不安定です。それはガイドレスの仕事が多くなったため、バスガイドの需要が少なくなり、定期的な収入が見込めなくなったからです。
またバス会社も必要な時だけバスガイドをクラブに依頼する方が、自社ガイドを養成するよりも経費が少なくてすむため、新規のバスガイドの採用をやめてしまったところがあります。

しかしバス会社がアルバイトガイドに頼り、正社員を雇わなくなっていくため、若いガイドは育たず、バスガイドは高齢化しつつあります。バスガイドを頼んだら、50代のお客さんから見てもまだ 年上のバスガイドが来たー!ってなことになるわけで、それなら次はやめておこうか、ということもあるでしょう。どうしようもない悪循環ですね。

私がメインの仕事としてバスガイドをすることを辞めたのは、先の見えない不安定な職だから、派遣会社と違って保険も年金も福利厚生がなく、また足元を見られて賃金が下がる一方だからです。このままいくとバスガイドも絶滅危惧種になるかもしれません。

現在は別の仕事をメインにしていますが、お給料はバブル期のバスガイドの年収の3分の1くらいです。今でもバスガイドに専念していれば、もう少し年収はある かもしれませんが、不安定なのが怖くて、安定した職を探して仕事につきました。正直人間関係とか大変ですが、休みが多いので、こっそりバスガイドの仕事をして収入面を補っています。それでなんとか生活が続けていけるかなーと。ギリギリのラインですが・・・・(汗)。

2017年現在の私はほとんどバスに乗ることはありません。

たまに依頼は来ますが、忙しくて無理という現状です。少し残念であり、寂しいのですが。

しかし今読み直すと、そんなこと言っていいのかぁ?的なことも書いてますね。笑

現在の観光バスを取り巻く環境はとても厳しくて、ここで書いてるようなノンビリいい加減な感じじゃ無いみたいですけど、でも楽しい思い出がいっぱいです。辛いこともそりゃああったけど、それもまたいい思い出です。いや、本当に。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんにちは!
    記事読んでいただいてありがとうございます。

    私は現在たまにしかバスに乗らないのですが、しばらくぶりにバスに乗ると、やっぱりバスガイドっていいなと思いますね(笑)。

    ありがたいコメントを頂いて、私もブログを書く励みになりました。

    ブログでは色々書いてますが、私は偉そうなことを言える人間じゃありませんけど、そんな風に言ってもらえると嬉しかったします・・・(照)

    観光王国静岡のまる子さん!これからも頑張ってくださいね!
    バスガイドの未来は、まだまだ明るいな~ってそう思えました。ありがとうございました。

  2. まる子 より:

    はじめまして

    静岡でバスガイドをしている、まる子です

    「バスガイド」でインターネットを検索していたら、こちらページにたどりつきました

    記事、全て読ませて頂き、共感する内容ばかりで、あまりに嬉しくなったので、思わずコメントさせて頂きました

    私は、入社7年目26歳のバスガイドです

    まだまだ、勉強中の私が、ベテランガイドさんの話しに共感したというのは恐縮ですが、私の仕事に対する考えそのままの内容でした

    私は、ガイドの仕事大好きで、今のところ、一度も仕事をやめたいと思った事はありません

    この記事を読んで、これからも頑張ろっていう気持ちがUPしました
    これからも頑張ります

    励みになる記事、ありがとうございました

  3. kabocha より:

    あー、乗鞍残念でしたね。でもクマ騒ぎがあったので、無事でなによりでした(笑)。

  4. 三四郎 より:

    その件ではお世話になりました(笑)

    なので修学旅行気分で一緒に写真を撮ってもらってきてしまいました(^^;

    しかし乗鞍は霧で何も見えませんでした(泣)

  5. kabocha より:

    どうやら予報は当たったようですね(笑)。
    若いガイドさんが、これからも育つように祈るばかりです。

    残念ながらバスに乗る機会は少ないため、このブログの中で案内してます(汗)。
    なかなか進まないんですけどね・・・。

  6. 三四郎 より:

    今回は若いかわいらしいガイドさんが来てくれました。

    まだ仕事に慣れてないみたいで、案内している最中に手元を見て話が中断したりしますが、それも愛嬌ですかね(^^)

    応援したくなりますね。

    おばちゃんガイドだなんてそんな(^^;

    ベテランガイドさんとしていつか案内お願いします!(笑)

  7. kabocha より:

    あははは・・・・(汗)

    お手伝い程度に乗っているだけで、現職とは言い難いですが、おばちゃんなのは確かです(笑)。

  8. 三四郎 より:

    現職の方の意見なら間違いないですね(^^;

    今日のバスツアーはまだ半々ですかね(笑)

    おばちゃんガイドさんは話がおもしろいので、旅の移動時間は退屈しなくていいんですけどね。

    若いガイドさんもいいんですが(^^;

    でもせっかくならKabochaさんのガイドのバスに乗ってみたいですねえ(^^)

  9. kabocha より:

    ガイドクラブを使ったり、専属アルバイトガイドがいるバス会社の場合、一般募集ツアーに若いガイドさんが乗ってくる可能性は・・・シーズンオフの夏や冬に高くなるでしょう。

    修学旅行シーズンなどは、優先的にそちらに回されるので、特に低くなるでしょう。

    以上バスガイド予報でしたw

  10. 三四郎 より:

    もしかすると『添乗員は同行しません』というのは、バスガイドさんのことではないかもしれませんね。

    ガイドさんがいないバスツアーは物足りないですから(^^)

    そういえば先月おばちゃんガイドさんに若いガイドさんについて聞いたら、入りたてのガイドさんは主に学生の遠足やフルーツ狩りに行くことが多いと言ってました。

    静岡のガンダム見に行きましょう!

    静岡ホビーショーというイベントの会場にあるみたいです(^^)

コメントの入力は終了しました。