えべっさん

今日から3日間の1月9、10、11日はえべっさんです。
えべっさんという言葉は関西だけでしか使われてないようですね。
本来はえびす神をまつる神社を指すのですが、神社の大祭を指して使うこともあります。
えびす神を祀る神社は蛭子系の神社と事代主系の神社があります。それぞれ総本社は蛭子系が西宮戎神社と事代主系が美保神社です。蛭子神については前に旧ブログで書きましたので、よければご覧ください。(旧旅かぼちゃブログ西宮市の項
例祭は「十日えびす」と言われますが、9日が「宵えびす」、10日が「本えびす」、11日が「残り福」です。今年の十日戎は、土、日、祝に当たるので、かなりの人出が予想されますね。
大阪の人は西宮神社よりも今宮戎神社に行く人が多いので、そちらの方が実際には賑わっているかもしれません。
西宮神社では、10日午前6時に「開門神事福男選び」が行われます。表大門は9日と10日の境目である午前0時に一度閉門し、境内で神事が行われます。そして再び午前6時に大太鼓を合図に開門するのですが、この時に門から外で待っていた大勢の参拝者が約230m離れた本殿に向って「走り参り」をします。この本えびす初参りの1番から3番までがその年の福男として認証され、えびす様のご神像や賞品が授与されます。高額なものは無いそうですが・・(^^;)
でもこの門はけっこう小さい門なんですよ。国道43号線に面した南門の方が表に思えるんですけど、実際の表大門(赤門)は横ちょにある方なんです。
さらに先着5,000名の参拝者は「開門神事参拝之証」がもらえるんだそうです。
行ってみたい、走りたいという方は西宮神社の携帯用ホームページを見てください。なぜか詳しいことは携帯用のページにしか書かれていないようです。西宮神社携帯サイト
でもこのサイト、実際に携帯で見ると最大サイズを越えるので表示できませんて出るページがあるんですけど・・・。
私のえべっさんの記憶はちょっと怖いものなんです。
私は小さい時に柳原蛭子神社に連れて行ってもらったことがあるのですが、参道に見せ物小屋があったのを覚えています。実際には忘れていたのですが、それが何年かに一度夢に出てくるのです。ここでは言えないような内容なのですが、あれは何だったんだろう・・・、どこだったんだろうと、思い出せなかったのですが、母が数年前に思い出話の中で、兵庫のえべっさんの話を出して、「あんたはあれをえらく熱心に見てたねぇ~。変な子やったわー」という言葉に「ああ、あれはあそこだったんだ。あの時だったんだ」とようやく思い出したのでした。まだ幼稚園の頃でしたが、熱心に見てたんじゃなくて、あまりの衝撃だったんですよ!お母さん!
謎の見せ物小屋については、今ではありえないような内容でしたが、兵庫の柳原ですからねぇ・・・。まぁ当時は色々と変なものが多かったようです。

猥褻なものではありませんが、想像はつかないと思います。わからなくても気にしないでね(笑)

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 旅かぼちゃ より:

    こんにちは
    サブカルマニアに台湾マニアにとまだ他にもありそうですねー。
    私は西洋かぶれしてた時代はありましたが、東洋はほとんど知らないんです。
    昔友達から聞いた中国のトイレ事情やインドで「野◯゛ソ」を強いられた話が原因かもしれません・・・(汗)

  2. kazu より:

    <見せ物小屋のことよくわかりましたねぇ。
    そりゃもぅサブカルマニアですから・・・(爆)
    <ヒルコの神のことまでは書いてないと思うので~
    いえ・・・蛭子についての話はその昔、山岸涼子の漫画のjくだりで知ったのです。(^ω^;
    <千と千尋の神隠しの湯屋のモデル
    建屋のモデルも色々あるみたいですがあの不思議な街もモデルは台湾の九分(正しくは「イ」べんに「分」で「ジゥフン」)と言う街だそうです。「非情城市」と言う映画の舞台でもあって、自分は台湾マニアなのでいつか行ってみたいのです。(^ω^

  3. 旅かぼちゃ より:

    kazuさん湯原からおかえりなさい~。
    見せ物小屋のことよくわかりましたねぇ。人間獣児ですか・・・(汗)。
    おのころ神社に行ったからといって、ヒルコの神のことまでは書いてないと思うので、kazuさんはけっこう詳しいのですねー。
    神話は私の得意分野かもしれません。小学校の図書学習(?)の時間とかよくギリシャ神話読んでました(笑)。
    あとkazuさんのブログに書けないのでここでですが、千と千尋の神隠しの湯屋のモデルって色々あるんですねぇ。湯原温泉の油屋は知りませんでした。

  4. kazu より:

    すいません。ひるこについてお書きになってる旧ブログへのリンクに今気付きましたorz….

  5. kazu より:

    ただいまです(-ω-)
    つい先日、淡路のおのころ島神社に行ったばかりなのですが、ものの神話によりますとイザナギとイザナミの間に生まれた第一子が骨の無い蛭子(ひるこ)だったので、葦の船に流して捨てたのが西宮にたどり付いて蛭子→恵比寿になったそうですね。なんか強引な神話ですね…(汗)
    見世物小屋は・・・・学生時代福岡に居た時に「放生夜(ほうじょうえ)」と言うお祭りで、身体障害者のおばちゃんが「人間獣児」と言うのをやってたのを観ました。数年前サイドショーについてネットで調べてましたら全国行脚の見世物興行では有名な方だったそうです。。。