恵方巻き

今日は節分ですね。
気分的には「鬼は外、福は内」と豆まきしたい気分ですが、後で豆を拾うことを考えるとどうも億劫になります。
一部の地域では落花生をまくそうです。後で拾うことや、食べることを考えるとそれもいいなぁと思いますね。でも歳の数だけ豆食べるのも数が多くなると嫌になっちゃうしw
節分に恵方巻きを食べる習慣は、世間ではコンビニの陰謀だと言われているようです。たしかに予約までして食べないといけないほどのものでは無いと思いますが・・・。でも関西では節分に恵方巻きを食べる習慣はたしかに昔からありました。起源もよくわかっていないようなので、大昔からある習慣ではないかもしれませんが、少なくとも私の家では幼い頃から節分に恵方巻きを食べていました。
ただ・・・今世間で言われてる食べ方となんか違うんです。
今一般的な恵方巻きの食べ方として宣伝しているのは、7つの具が入った巻き寿司を一本、その年の恵方の方角を向いて、目をつぶり、願い事をしながら無言で全部食べるとなっています。食べ終わるまでに喋ると福が逃げるので喋ってはいけないんだそうです。また巻き寿司は切っては駄目でかぶりつきです。
うちの母は「◯◯の方角を向いて、ワッハッハーと笑ってから巻き寿司を食べるんやで」と申しておりました。◯◯の方という方角も毎年同じ方角を言っていたような・・・(どっち向きか忘れましたけど)。
言われた通りにワッハッハーと言って食べてましたよっ!!
もしかして福飛んで逃げてたんじゃないのぉ~?一度も無言で食べろとは言ってませんでしたよっ!!
まぁ食べる前に笑うので、そこはいいとしても、食べながら普通に喋ってましたけどね~(汗)
内容はともかく、恵方巻きという言葉も特にしりませんでしたが、巻き寿司を食べる習慣があるのは確かです。ただし関東などでは全くそんな習慣はなかったようなので、今頃そんなこと言っても「コンビニの陰謀だ」と思われるのは仕方ないですよね。
ちなみに7つの種類の具なんていうのも知りませんでしたが、七福神にちなんでだそうです。具の種類はなんでもいいそうです。
うちの母は昔寿司屋をやっていましたが、普通の巻き寿司は作ってくれません。伊達巻きを焼いたり、かんぴょうを炊いたりするのが面倒なんだそうです(汗)。巻くのはもっぱらサラダ巻きばっかりです。今日はそれも無いので、これからコンビニいって恵方巻き買ってきます。(^^;)ノシ
※2010年恵方は庚です。西南西西(西南西より西寄り)(ノ゜o゜)ノ

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク