昔の唱歌やご当地ソングを知るために(バスガイドさんへ)

昨日の「みかんの花咲く丘」で紹介しましたが、バスガイドさんが歌う歌ってけっこう昔の歌が多いですよね?ひとつの曲を知るために、唱歌集のようなCDを買ったり、先輩(年配)のガイドさんに教えてもらったりってけっこう大変です。私も過去には、そういう歌を覚えるために音符付きの唱歌集を買ったり、高いCD(カセット)を買ったりして、けっこうお金がかかりました。
正直歌は苦手なのですが、年配のお客さんは「歌え!」とリクエストされることも多いです。歌の上手な人は歌謡曲とかを歌ったりして喜ばれるのですが、音楽付きで歌うと下手なのがバレバレになるので、私はいつもアカペラです。
まぁそれはいいんですが、流行の歌や懐メロの場合はともかく、昔の学校唱歌などの古い歌を知りたい時にはYouTubeが便利なようです。
どちらかというと私は動画を見る時にだけYouTubeやニコ動を使っていましたが、YouTubeの場合は古い歌などもかなりアップされているようです。
最初は「あざみの歌」を検索したのがきっかけでしたが、YouTubeの倍賞智恵子さんの歌う「あざみの歌」がヒットして、「おお!こんなのアップしてくれてる人がいるんだー!」と感謝しました。
最近になってYouTubeで検索すると、前よりももっと古い歌や珍しい歌をアップしてくれる人が増えていて、かなり重宝します。
例えば「麗しの志賀高原」。これは最初知り合いの年配のガイドさんに教えてもらったのですが、その人、声はすばらしく綺麗なのですが、歌の途中で変調するんです。自分に才能が無いせいもあるのですが、歌ってもらう度に変調の仕方が違うので、どうしても覚えられませんでした。これも湯田中駅で流れる曲そのものがYouTubeにアップされていますので、やっと本物を聴くことができましたw
あとは長野県人だったら誰もが知っている「信濃の国」もYouTubeにたくさんアップされています。私自身長野県に入ると必ずと言って良いほどこの歌を歌いますが、実は前半部分しか知りませんでした。後半の曲が変わる部分については、YouTubeで初めて聴いたんです。
ご当地ソングにどんなものがあるかというのは、なかなか知り得ないかもしれませんが、こんな曲あるんだーと思っても、メロディがわからない場合などには活用できると思います。
ただし昨日も書きましたが、PCが無く携帯でしかアクセスできない人はパケ代に注意してください。パケット定額制にするなどしておかないと高額なパケット代がかかります。もちろん私はドコモのパケホーダイ・ダブルです。
とは言っても、携帯でこのブログにアクセスしているなら、まず定額制にしているとは思いますが・・・。
携帯用YouTubeのトップ画面
携帯で見ると、PC用のページですという案内が出ると思いますが、携帯向けのページが表示されますので、そのまま表示してご覧ください。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 乙津カツユキ より:

    こんばんは
    誰かこんな唄知りませんか?「幸せがいつもいっぱい住んでいる。心のふるさとア~アア京都。清水坊で知り合った、人の情けの嬉しさを告げて甘えた嵐山」
    これは、私が修学旅行でバスガイドさんが教えてくれたものです。
    知っている人がいましたら連絡ください。

  2. kabocha より:

    遅くなって申し訳ないです。
    スパムが多いので自動で投稿されないように設定しているのですが、最近チェックを怠っていまして(汗)
    確認していただけてるといいのですが。
    メッセージ読ませて頂きました。
    私は年間10回も乗務していない状態なのですが、それでも頑張ります(笑)
    岡山のバスガイド様も頑張って下さいね。きっとどこかですれ違っていることでしょう。

  3. 岡山のバスガイド より:

    竹内徹雄さま
    おそらく、
    中田浩一郎作詞、石井歓作曲、の、混声合唱組曲「三つの山の詩」
    だと思います。
    残念ながら、レコードなどは残されていないようです。
    合唱に力を入れていらっしゃる音大などなら手に入るかもしれませんが、難しいかもしれませんね。

  4. 竹内徹雄 より:

     お返事ありがとうございます。
    京都の観光バスという話でしたが 物語の場所から考えれば
    鎌倉も地元ですよね。
     実際に 昔、テレビで歌われていた記憶がありますので
    誰も覚えてないっていうのが 却って謎めいて
    意地でも 探し当てようと 思っています。
     本当に お手数おかけしますが 60歳・70歳あたりの方が
    若いころにあった歌です。なんとか 見つけたいものです。

  5. kabocha より:

    こんにちは!
    お問い合せの歌に関してですが、残念ながら私は聞いたことがありません。
    歌集も探してみましたが、それらしい歌は載ってませんでした。

    詩の内容からして、奈良や京都ではなく、鎌倉にゆかりの歌でしょうか?

    少し時間がかかってもよろしければ、知り合いに尋ねてみますので、あまり期待せずにお待ちください(汗)。

  6. 竹内徹雄 より:

    突然失礼いたします。
    昔の歌を正確に知りたくて探しております。
     タイトルは不明で 覚えているのは 1番の最初の歌詞
    「あわれ 白拍子 花の命
     過ぎし日の明け暮れは露に似て 
     今宵別れの舞い衣 しずやしず・・」
    ネットであちこち探しましたが その中に
    昔、京都の観光バスガイドさんが歌ってくれて 覚えている。
    という記述がありました。
     それなら 観光バスのガイドさんに聞けば昔のガイドさん用の歌集の中などにあるのではないかと 考えました。京都限定なのかわかりませんが どなたか 心当たりはないでしょうか。
     タイトルおよび全曲の歌詞を正確に知りたいのです。
    歌詞が分かれば 覚えている範囲で歌えます。
     よろしくお願いいたします。

  7. 旅かぼちゃ より:

    結構古い歌や珍しい歌もアップされてるので重宝しそうですよ-。
    本当に便利ですよね~
    これ使わないと本当に損だ-。過去に私がどれほどお金を使ったか…(涙)

  8. さな より:

    おはようござぃます[e:44]あたしも教習の先生からご当地ソングを何曲も教わりました[e:257]でも久しぶりに歌うと音程が分からなくなって困るときがぁりました[e:263]
    YouTubeの活用は思い付かなかったです[e:257]今やネットの時代ですねー[e:257]

  9. 旅かぼちゃ より:

    すごい!よく覚えてますね~!
    原爆をゆるすまじの歌ですね。ガイド1年生の時だったかに習った記憶はありますが、歌ったことないです(汗)。
    中学の修学旅行の思い出は大山に登って苦しかったこと・・・。九州に行きたかったなぁ~。

  10. kazu より:

    ばんわ~。
    中学2年の時の修学旅行は九州(大分~熊本~長崎)だったのですが、その二泊三日のバスの旅では短大を出たばかりの「こまっちゃん(小松さん)」と言うお姉さんがバスガイドさんでした。その時、教えて貰った原爆の歌、今でも歌えます。原曲は一度も聴いた事が無いのですけどね。「ふ~る~さ~との町焼かれ~みより~のほねうめしやけつちに~」って歌です。お歌は「いい日旅立ち」が上手でした。3年生になる前、クラス宛てに「こまっちゃん」からボイスレター(カセットテープ)が送られてきました。「いい日旅立ち」も入ってました(笑)。当時は凄く年上のお姉さんて印象でしたが今考えてみるとそれほど年齢違わないんですよね(笑)。思い出に残るガイドさんでした。