兵庫県

兵庫県の概要

兵庫県は青森県や山口県のように本州の両端にある県を除けば、本州で唯一南北の量本の海に面している県です。

総人口:約560万人(全国7位)
総面:約積8400k㎡(全国12位)

面積は近畿地方で一番広く、人口は大阪府に次ぎます。

我が国屈指の重化学工業都市・尼崎市や姫路字を中心とする播磨工業地帯など、全国的にも経済活動の活発な地域のひとつです。

幕末に開港した神戸市は阪神工業地帯の中核で、横浜に次ぐ国際貿易港として発展を続けています。

1995年1月17日、県南部を中心にマグニチュード7.3の強い地震が発生し、神戸市などで震度7の激震を記録、死者6千人(6,434人)を超える大惨事となりました。

「兵庫」の由来は、天智天皇の頃、兵器の倉庫があったことからと言われます。

かつての、摂津国と丹波国の西半分、播磨国、但馬国、淡路国の5つの国と、わずかに備前国、美作国の一部が現在の兵庫県になりました。つまり元々別々の5つの国がひとつにまとめられた県なのです。

言葉は同じ関西弁でありながら、エリアによってかなり違いもあり、また気候など環境も違うせいか、同じ県民であっても別のエリアにはあまり興味を持たず、兵庫県民としての意識は低いです。他府県にありがちなお国自慢や地元意識もあまりありません。(ただし神戸市だけは別で、兵庫県というよりも神戸は特別と思っている人は多いです。)
実際に自分の住んでいるエリア以外の県内事情について、ほとんど知らない人が多いです。

兵庫県のシンボル

県花 :     のじぎく
県木 :     くすのき
県鳥 :     こうのとり

兵庫の市町村

29市8郡12町あり、村は1962年にはすべて消滅していました。町の読み方は全て「ちょう」です。

神戸市
阪神南 尼崎市
西宮市
芦屋市
阪神北 伊丹市
宝塚市
川西市
三田市
猪名川町
東播磨 明石市
加古川市
高砂市
稲美町
播磨町
北播磨 西脇市
三木市
小野市
加西市
加東市
多可町
中播磨 姫路市
神河町
市川町
福崎町
西播磨 相生市
たつの市
赤穂市
宍粟市
太子町
上郡町
佐用町
但馬 豊岡市
養父市
朝来市
香美町
新温泉町
丹波 篠山市
丹波市
淡路 洲本市
南あわじ市
淡路市

兵庫の産業

真珠製品

手引のこぎり

ゴム製履物用品

プラスチック製靴

清酒

養殖海苔

線香類

兵庫の特産品

丹波立杭焼、出石焼、播州そろばん、神戸牛、明石鯛、揖保そうめん、しょう油、線香など

兵庫の温泉

有馬温泉 宝塚温泉 塩田温泉 赤穂温泉 城崎温泉 湯村温泉 浜坂・七釜温泉 洲本温泉など

その他

兵庫県は私個人の故郷であり、現在も住んでいる場所なのですが、神戸以外に湧くイメージが無い県のような気がします。もちろんエリアごとに景勝地や観光地、特に姫路城など多くの観光客が訪れる場所がありますので、兵庫県の一部についてはよく触れることがあるのですが、全体としてまとめようとするのは難しいですね。

これから神戸、姫路と兵庫県南部を進む代表的コースを紹介していくことになります。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    正直、「きんさん、ぎんさん」以来、名古屋弁をしゃべる人をテレビで見る機会はないですねー。
    名古屋市長さんも残念ながら知らないんですよ。
    名古屋弁を自然に喋ってる人はあまりみかけませんねー。

    中四国の人などは、東京ででも標準語で喋ろうとはしませんから、相手が???の表情で困っててもお構いなしなんですよ。
    どちらかというと関西人もそうなんで、名古屋の人もコテコテの名古屋弁をいつまでも使ってほしいですねぇ。

    京都が本当に嫌いなわけではないですが・・・京都人の口癖「京都では〇〇やさけ、どーたらこーたら」という「京都では・・」は苦手です(笑)。

  2. 三四郎 より:

    言われてみれば京都とかは特に違う感じですね

    京都に知り合いがいるので、独特な感じでした

    どうか京都嫌いにならないでください

    私は元々は豊橋市に住んでいたので三河弁でしたが、名古屋に来てからは名古屋弁が染み付いてしまいました(笑)

    しかし市長の河村たかし氏みたいなコテコテの名古屋弁をしゃべる人って実際ほとんどいないんですよね

    名古屋が舞台のドラマの登場人物の名古屋弁もコテコテ過ぎて名古屋人が言葉の意味がわからなかったりしますから(笑)

  3. kabocha より:

    同じ関西弁でもかなり違いますよ~。
    高校生の時に遠足で大原に行ったとき、通りすがりの売店のお兄さんに「変な関西弁しゃべるな」と言われて、京都が嫌いになりました(笑)。

  4. 三四郎 より:

    兵庫と言えば私の仕事絡みで川崎重工を連想します

    あとは六甲山は夜景が素晴らしくて思い出に残っています

    阪神淡路大震災は当時高校生でしたが、名古屋でもかなり長い時間に渡って弱かったですが揺れていたのを覚えています

    その時はたいしたことないよくあるような地震だったと思っていて、あとでテレビで関西の惨状を知って驚きました

    関西へ行くとあちらの方々の日常会話の関西弁が、聞き慣れない私には漫才をしているように聞こえたりします

    私も名古屋弁がちょくちょく出てるみたいなので、他の地域の方には訛ってると思われているかも(笑)