茨木IC周辺

茨木ICは国道171号線と接続しています。

茨城ICから梶原トンネルまでは防音壁が非常に高く、最近は全く景色の見えない状態です。ここで紹介する継体天皇陵もかつては高速道路から目視することができたのですが、残念ながら見ることはできなくなりました。
ここでは茨木IC付近と接続する国道171号線の周辺にあるスポットを紹介したいと思います。

茨木市について

茨木市はかつて豊臣家の重鎮、片桐且元が1万石を領したところで、秀吉亡き後、次第に強くなった徳川の勢力を抑え、豊臣家に仕えていましたが、のち秀頼、淀君の誤解を受け、豊臣家を退き、大阪城落城の火の手を涙ながらに眺めたところです。

現在人口約27万人、大阪、京都の間に位置し、大阪のベッドタウンとして知られます。JR、阪急電鉄、大阪モノレールが通り、大変交通の便がよいところからも、住宅地としての人気が大変高いところです。
現在、箕面市との間の山間部を切り開いた「国際文化公園都市」(愛称:彩都)が建設中です。

西国街道

西国街道とは、江戸時代に京都と下関を結ぶ幹線ルートとして利用された山陽道の呼び名です。岡山は広島などの西の方面では西国街道という言葉を使うことはほとんどありませんが、京都、大阪、兵庫では、国道171号線のことを西国街道と呼ぶことがあります。(実際には国道171号線=通称“いないち”と呼んでいる)

これはもともと大阪を経由する、京街道や中国街道(現在の国道1号線、2号線に相当する)と違って、大阪を通らずに西国へ抜ける脇道として、西国大名の参勤交代などにもよく使われた道でした。そのためほぼ全線が旧西国街道に沿った国道171号線にのみ、西国街道という言葉が使われることがあるのです。(国道171号線は京都から神戸まで)

椿の本陣

茨木ICからR171を池田市方面(西)に向かうと、椿の本陣や萱野三平屋敷跡があります。
椿の本陣は正式には摂津郡山駅本陣といいます。
本陣というのは、大名や公家の泊まった高級ホテルのことで、一般人の旅人の宿と区別したものです。現在の建物は享保6年(1721)に再建されたもので、古い宿帳が今もあり、忠臣蔵で有名な赤穂(あこう)城主浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、元禄10年から同14年(1697年~1701年)まで毎年宿泊した記録が残されています。

萱野三平旧邸

更に西へ、茨木ICから8キロほど行ったところに萱野三平旧邸があります。(所在地は箕面市)
萱野三平は忠臣蔵でお馴染みの人で、元禄14年3月 14日の「江戸城松の廊下」での刃傷事件を早水藤左衛門とともに早籠で赤穂に第一報を伝えた人物として知られます。仇討ちに反対した父重利に対する親孝行と、主君浅野内匠頭への忠義の板挟みにあい、親に従えば、同志との約束を破ることになり、同志に従えば、親に背くことになると、27才の若さで自決したそうで、今もその部屋が残っています。

継体天皇陵

茨木ICから約2キロ余り、高速道路に沿った右手に26代継体天皇陵があります。5世紀頃に造られた前方後円墳で宮内庁により天皇陵に指定されていますが、本当かどうかの論議が繰り返されている古墳です。
25代武烈天皇が18才で亡くなり、子供がなかったため、継体天皇は57才で皇位についたとされます。
それまで天皇は越前(福井県)に住んでいました。応神天皇から5代目の子孫に当たり、父は彦主人王(ひこうしおう)、母は振媛命(ふりひめのみこと)といい、若い頃はミス越といわれたそうです。
武烈天皇が亡くなると、大伴金村をはじめ重臣達が大騒ぎになり、越前に参りまして、男大迹王(おおどのおう)すなわち継体天皇をかつぎだしたのです。
継体天皇陵の近くは野鳥の楽園と言われ、四季を通じて野鳥が飛び交うところです。また近くには番山、二子山の古墳もあります。

川端康成

この茨木市は川端康成ゆかりの地でもあります。川端康成は大阪市北区で生まれましたが、3歳の時に両親と死別し、祖父母に引き取られて茨木に移ってきました。
18歳の春に上京するまでの幼少年時代を過ごした当時の家は、今は新しくなりましたが、土蔵だけが当時の建物として残っています。この土蔵から多くの手紙や遺品が発見され、大切に保管されています。
昭和60年(1985)に川端康成文学館が開館し、遺品が公開されていますが、小さなこじんまりとした文学館です。

「伊豆の踊子」「雪国」などの多くの名作を残し、昭和43年(1968)日本人初のノーベル文学賞を受賞しました。また茨木名誉市民第一号として、名誉市民賞も贈られました。

この他、茨木市には、西国三十三カ所の第22番札所である総持寺というお寺があり、多くの巡拝者で賑わっています。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク