播州素麺 「揖保乃糸」

兵庫県の西播磨地方では、「揖保の糸」というお素麺が有名です。
素麺の製造量では日本一です。

20年くらい前に、東北の団体の方々に「揖保の糸」を知っていますか?と聞くと、誰も知っている人がいなくて、軽いショックを受けたことがありました。
でも最近は同じ質問をすると大半の方が知っていると答えてくれます。

このほか奈良県の「三輪素麺」、香川県小豆島の「島の光」といったブランドがよく知られています。
昔から「素麺屋殺すには刃物はいらぬ、雨のひとつも降ればよい」といわれるように、素麺の製造工程の中に天日干しの工程があり、この時に雨が降ると困るのです。このため製造時期に雨が降らない地域が、素麺作りに適した地域といえます。

揖保の糸の製造時期は10月から翌4月までです。冬の時期がお素麺作りの季節です。上に紹介したような素麺産地も冬に雨が少ない地域です。

somen_kanso.jpg

また特に寒い時期に作られる素麺が高級品となります。
良い原料を使って、技術の高い製造業者が、一番寒い時期に作ったお素麺が一番最高の品質ということで、お値段も高くなります。

またお素麺は古(ヒネ)といって、製造してすぐよりも、少し寝かしてから食べた方が美味しいとされ、熟成時間が長いものが高級となります。冬に製造して、梅雨を越すとヒネものといわれるようになるそうですが、一般的には1年間熟成させたものをヒネと呼ぶことが多いようです。ただし、家庭で放置して古くなったものは問題外であり、管理倉庫で熟成させてこそ意味があります。(ワインと一緒ですね)

揖保の糸は、ひとつの会社が製造している商品ではなく、西播磨地域にある480ある素麺工場が加盟している素麺組合で管理出荷している商品なのです。このため原材料は組合によって決められ、製品は組合によって検査選別され、等級分けされて出荷されているのです。

等級は素麺束の帯の色によってある程度わかります。

上から等級の高い順に紹介しますと

  • 三神・・・黒帯(三神の文字入り) 上質の原料を使用し、組合が選抜指定した数軒の熟練した製造者が作ったもの 製造時期 1月 製造数はかなり少ない
  • 特級・・・黒帯(特級の文字入り) 上質の原料を使用し、組合が選抜指定した熟練製造者に限定されて作ったもの 製造時期 12月~翌2月
  • 縒つむぎ・・・ 紫帯 国内産小麦だけを使用したそうめん 製造時期 12月~翌3月
  • 上級・・・赤帯 全生産量の80% 一番オーソドックスな商品 製造時期 10月~翌4月

このほかにも数は少ないですが、青帯や金帯の素麺もあります。

三神

特級

上級

金帯は「熟成」といって、倉庫で管理熟成させたものです。最初は熟成期間が長くて(何年間か)、値段も相当高かったようですが、最近は1年くらい(?)のもののようです。

値段も基本的には、黒→紫→赤のはずなのですが、実際には赤のヒネの中には黒帯より高いものがあったりして、よくわかりません。ですから「お中元に揖保の糸もらったよ。赤帯だった。安いんだよね、これ。」と単純に思わないでくださいね。

値段は 播州手延べ素麺「揖保の糸」 を参考にしてください。

注)記事の中の画像は小豆島の素麺「島の光」です。(汗)

現在の主な手延べそうめんの産地

  1. 兵庫県 —— 播州・淡路
  2. 長崎県 —— 島原
  3. 香川県 —— 小豆島
  4. 奈良県 —— 三輪
  5. 徳島県 —— 半田
  6. 岡山県 —— 備中

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 旅かぼちゃ より:

    kazuさん、はじめまして! ご訪問ありがとうございます~。
    この辺境ブログに足跡を残してくださるなんて・・・・めっちゃ嬉しいです♪
    お母様もバスガイドでしたかー!でも大変な経験をされたんですねぇ・・・大腿骨骨折なんて、一度も骨折したことのない私には、考えただけで身震いしてしまいます。
    引っ越ししたばかりで味気ないブログですが、ぜひぜひまた遊びに来てくださいねー。
    HP制作に関しては、すでに心が折れかけてますが、もう少し粘ってみたいと思います(汗)。

  2. kazu より:

    「伊川谷 食堂」のワードで検索してましたら、なぜか先日訪れた「旭食堂」の写真が。そこから色々と記事を読んでましたら地元の詳しい情報が色々書かれており興味深く拝見させて頂きました。ちなみにうちの母親も僕の生前、バスガイドをしてたらしいのですが、バスのバックオーライの誘導をしながらバスに轢かれて(と言うより接触ですが)大腿骨骨折と言うおまぬけです(汗)。
    HP制作がんばって下さい。またお邪魔します。