加古川市

第二神明道路から加古川バイパスに入ると、姫路までの旅はもう残りはわずかになります。次は加古川市の紹介です。

加古川市は兵庫県のほぼ中央南部にあり、東播磨地域と表現されます。
人口は約26万8000人、兵庫県内では6番目の都市です。

一級河川「加古川」が瀬戸内海に注ぐ河口に位置する工業都市で、昔より加古川の恵みを受けて発展してきました。

東播磨地方の中心として歴史は古く、賤ヶ岳の戦いで武功をあげ七本槍のひとりにあげられた糟屋武則を代表する糟屋一族が鎌倉時代から戦国時代までの間、加古川城を本拠地としていました。
また江戸時代には山陽道の宿場町として栄えていました。

近年姫路市、神戸市のベッドタウンとして発展してきましたが、バブル期頃からは大阪市のベッドタウンとして人口、住宅が増え続け、今も人口は少しづつ増えています。

田んぼの広がる田園都市でしたが、最近では交通の便の良いところでは田んぼの見られる場所も少なくなってきました。

海岸部には年間粗鋼生産量全国5位の神戸製鋼加古川製鉄所があります。

観光スポットと言えるところはほとんどありませんが、観光バスが稀に立ち寄っているのを見かけるのは鶴林寺です。新西国の札所になっています。

また名物に「かつめし」というのがありまして、市内では多くの食堂のメニューにあるのですが、市外ではほとんど見かけることが無いというご当地名物です。

どんなものかというと

  • 洋皿の上にご飯を盛る
  • ご飯の上にカツを乗せる
  • カツの上からデミグラスソースをたっぷりかける
  • 付け合せはゆでキャベツ
  • スプーンではなくお箸で食べる

というものなのです。「かつめし」で検索するとたくさんの関連記事もありますよ。近くに寄った時には一度食べてみてください。

Asahi_katsumeshi

加古川市出身の有名人:上野樹里 (女優) 藤原紀香に離婚された陣内智則 (お笑いタレント)など

加古川の伝統産業
国包建具 日本一の木工の里・飛騨の高山にたとえて、「西の高山」と呼ばれる国包地区。加古川上流から運ばれる原木の集散地だったことから、江戸時代の 1825年頃から建具作りが始まった。その独自のデザインと確かな技術は全国的に有名で、姫路城の欄間(らんま) などにも使用されてる。
靴下 1886年、上海から持ち帰った手回しのくつした編立機をきっかけに、くつした製造業が始まる。奈良県、東京都とともに日本三大産地に発展し加古川市の代表的な地場産業になっている。一部靴下生産日本一と書いているのを見かけるが、奈良県が日本一である。
観光スポット
名称 場所
説明
詳細ホームページ等 料金
鶴林寺 加古川市加古川町北在家424
589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝(はたのかわかつ)に命じ仏教をひろめるための道場として建立した播磨の法隆寺とも呼ばれるお寺。国宝「太子堂」など歴史を感じさせてくれるスポット 新西国27番札所
鶴林寺公式ホームページ 大人500円、小・中学生200円(宝物館入館料を含む)

加古川のお土産

商品名 販売元 説明
鹿児のもち 春光堂 大正11年より もち米、砂糖、水あめを原料とした見た目にもあっさりとしたお餅
詳細⇒春光堂ホームページ

※最近この鹿児の餅にはまってます。羽二重餅みたいな、何の具も入ってない御もちなのに、なぜか美味しいです。姫路などでも駅の売店などに置いていますので、ぜひ一度お試しください。

加古川のことなら ⇒ 加古川観光協会「ぽけっとなび」(かつめしマップもあります)

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    かつめしは、なかなか加古川を出ることができません。美味しい店が少ないせいだと思います。
    だから行き当たりばったりの店で食べることはお奨めできないです(汗)。

  2. 三四郎 より:

    かつめしはかなりおいしそうですね

    食べてみたいです

    カツ丼と違い、洋食みたいな感じなんですね

    仲間内で久々に車で関西に行きたいと話していたんで、そのうち行くと思います