木地師のふるさと

愛知川をさかのぼった鈴鹿山脈に近い滋賀県東近江市の君ケ畑にある大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)と蛭谷にある筒井神社は、全国の木地師の発祥地として知られています。
御祭神はどちらも惟高親王です。

惟高親王は55代文徳天皇の第一皇子でしたが、母親の身分が低かったため、藤原氏から入内した女御に惟仁親王が誕生すると皇位継承に勝ち目はなく、身の危険を感じて鈴鹿山中へ逃避されました。

親王は巻物のひもにヒントを得て考えついたといわれる「ろくろ」の技術をこの地の人々に教え、その技術を持った木地師が全国へ渡っていったというお話です。

木地師とはトチなどの木を材料として、ろくろを使いお椀などの木工品を作る技術者のことをいい、木地屋と呼ばれることもあります。この辺りの地名は昔、小椋庄(小椋村)といい、木地師のほとんどが小椋姓を名乗っていました。

「こけし人形」は東北の木地師が始めたものとされますが、その東北の木地師は近江の蛭谷の出身で、小椋木地師が蒲生氏郷について東北に移ったのです。

木地師は惟喬親王を祖と仰ぎ、近江国愛知郡小椋庄に住む木地師一門を本家とし、地方に散在する木地師すべてを分家とし、君ケ畑の大皇器地祖神社か蛭谷の筒井神社のどちらかに氏子として所属していました。この2つの神社が全国の木地師を支配していたのです。本家の木地師は何年かに一度小椋庄に戻り、分家は一生に一度は本山訪問することを願いました。

明治までは木地師は全国のどこの山に入っても良く、山の8合目以上の木は切っても良いという許可を得ていました。彼らは近江国小椋村の君ヶ畑、蛭谷を原籍地として、ジプシーのように全国の山を20~30年ごとに移動しながら生活をしていたのです。

しかし、明治になるとそれまでのように勝手に山に入ることが出来なくなり、廃業したり転職したりするものも多く、また一部の森林豊かな地域に定着していったのです。

蛭谷の筒井神社には木地師資料館があり、ここにある資料によると、正保4年(1647)から 明治15年(1882)までの236年間に、木地師の名が4万9990人記されており、また君ケ畑の金龍寺には、元禄7年(1694)から明治26年(1893)までの200年間の巡国記録で、30ヶ国・9734人に及ぶ木地師の名が載っています。

君ケ畑という地名は、惟高親王がこの地で没したことに由来し、太皇器地祖神社、金竜寺、惟喬親王御所(高松御所)があります。金龍寺では現在でも不定期的ではありますが、全国から木地師が集まり親王の法要が行われるそうです。

小椋という姓の方のご先祖がみな木地師というわけではないでしょうが、関連がある可能性が非常に高いと思われます。木地師は非常に誇り高く、決して農民と結婚しようとはしなかったそうです。そのため同族婚、つまり小椋姓同士で結婚することが多かったからです。
実際に東北や長野、それ以外の地域でも木地師の里と呼ばれるところには小椋姓を名乗る方が多いです。(木曽は大蔵姓の方も多かったようです)

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    澤さま、コメントありがとうございます。
    自動でコメントアップされないので、二重になってしまったかもしれません。申し訳ありません。
    厳しい時代の中で、とても大変だったとは思いますが、わずかな文章の中にも、実際の木地師の生活を感じさせる貴重なお話をありがとうございます。

  2. 澤(大蔵)千恵子 72歳です より:

    私は木地師の娘でした。いろいろあって長野から岐阜へ移り経済に苦しみ私たちもほんとうに貧乏というものが辛いものと経験しました戦争に行った父の仕事もなく誰も後をつがなっかた、たった一つ父が残したちゃびつのきどりを中津川の大蔵木工さんに完成していただきました。轆轤の掛け軸もあり表装しなおそうと思っています。

  3. 澤(大蔵)千恵子 より:

    時代の流れの中よく父から木地師の話を聞いていました、曾祖父を長野に残し岐阜郡上市へ移ってきて第二次世界大戦以後木地師では生活が苦しかったことは私たち兄弟みな知っています。そのため兄弟わたくし妹誰も後を継がなかったのです。「新木」と言う屋号で暮らしていた好き日の子供のころの話もよくしていました、ただ暮らしにため今は亡き母が木地師の免許、手形など米と引き換えに無くしてしまいましたそうです、昨年兄が他界し整理をしていたら轆轤を引く掛け軸が出てきました。この3月法事のときもう一度表層をして残したいと思っているところです。

  4. kabocha より:

    こんにちは。
    エゴサーチ・・・・。いっぱいいろんな情報が出てくるでしょうねー。
    私は・・・何も見つからないです(笑)。
    あまりない苗字なので(;’∀’)

  5. 佐藤 より:

    苗字は佐藤ですが、曽祖父の代まで福島の達沢不動滝付近で炭焼きをやっていたと聞いたことがあります。それに、菩提寺が蒲生氏郷の命令で木地師を会津に呼び寄せたお寺なので、何か繋がりがあるのかと思っています。