木地師のふるさと

愛知川をさかのぼった鈴鹿山脈に近い滋賀県東近江市の君ケ畑にある大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)と蛭谷にある筒井神社は、全国の木地師の発祥地として知られています。
御祭神はどちらも惟高親王です。

惟高親王は55代文徳天皇の第一皇子でしたが、母親の身分が低かったため、藤原氏から入内した女御に惟仁親王が誕生すると皇位継承に勝ち目はなく、身の危険を感じて鈴鹿山中へ逃避されました。

親王は巻物のひもにヒントを得て考えついたといわれる「ろくろ」の技術をこの地の人々に教え、その技術を持った木地師が全国へ渡っていったというお話です。

木地師とはトチなどの木を材料として、ろくろを使いお椀などの木工品を作る技術者のことをいい、木地屋と呼ばれることもあります。この辺りの地名は昔、小椋庄(小椋村)といい、木地師のほとんどが小椋姓を名乗っていました。

「こけし人形」は東北の木地師が始めたものとされますが、その東北の木地師は近江の蛭谷の出身で、小椋木地師が蒲生氏郷について東北に移ったのです。

木地師は惟喬親王を祖と仰ぎ、近江国愛知郡小椋庄に住む木地師一門を本家とし、地方に散在する木地師すべてを分家とし、君ケ畑の大皇器地祖神社か蛭谷の筒井神社のどちらかに氏子として所属していました。この2つの神社が全国の木地師を支配していたのです。本家の木地師は何年かに一度小椋庄に戻り、分家は一生に一度は本山訪問することを願いました。

明治までは木地師は全国のどこの山に入っても良く、山の8合目以上の木は切っても良いという許可を得ていました。彼らは近江国小椋村の君ヶ畑、蛭谷を原籍地として、ジプシーのように全国の山を20~30年ごとに移動しながら生活をしていたのです。

しかし、明治になるとそれまでのように勝手に山に入ることが出来なくなり、廃業したり転職したりするものも多く、また一部の森林豊かな地域に定着していったのです。

蛭谷の筒井神社には木地師資料館があり、ここにある資料によると、正保4年(1647)から 明治15年(1882)までの236年間に、木地師の名が4万9990人記されており、また君ケ畑の金龍寺には、元禄7年(1694)から明治26年(1893)までの200年間の巡国記録で、30ヶ国・9734人に及ぶ木地師の名が載っています。

君ケ畑という地名は、惟高親王がこの地で没したことに由来し、太皇器地祖神社、金竜寺、惟喬親王御所(高松御所)があります。金龍寺では現在でも不定期的ではありますが、全国から木地師が集まり親王の法要が行われるそうです。

小椋という姓の方のご先祖がみな木地師というわけではないでしょうが、関連がある可能性が非常に高いと思われます。木地師は非常に誇り高く、決して農民と結婚しようとはしなかったそうです。そのため同族婚、つまり小椋姓同士で結婚することが多かったからです。
実際に東北や長野、それ以外の地域でも木地師の里と呼ばれるところには小椋姓を名乗る方が多いです。(木曽は大蔵姓の方も多かったようです)

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    小椋さん、コメントありがとうございます。
    苗字ってたくさんありますが、先祖がわかる名前っていいですねー。
    もちろん誰もが知ってる大名家や歌舞伎の苗字もありますが、世間一般にも多いのでピンと来ないのですが、小椋さんのような、ありそうであまりない、そして歴史ある特別な名前って、すごく羨ましいなって思います。

    そしてこのページでけっこう関連の方のコメントがいただけて嬉しく思っています。

  2. kuroyuri  より:

    はじめまして。
    私は鏡野町で生まれ現在もかがみの町内に住んでいます小椋です。
    私の祖父も木地師で県の無形文化財保持者でもありました。
    また、私の父親の叔父にあたる方も、木地師で、現在その息子さんも木地師
    をされてて、木地師伝統工芸正会員になっておられます。
     私も、時間があれば小椋のルーツを探す旅をしたいと思っていて
    とりあえず。滋賀県の小椋神社にお参りしたいと思っています。
     

                           2012年12月20日

  3. kabocha より:

    こんにちは!片田さんコメントありがとうございます。

    上齋原は昔高速道路がなかった頃、人形峠を越えるときによく通りました。
    当時は、木地師の話を紹介していたような気がします。
    最近はめったに通らなくなりましたが、それでもまだ他の道に比べれば、日本交通のバスもあるように通るチャンスはありますね。
    また機会があれば紹介させてもらいたいと思います。

  4. 片田 知宏 より:

    岡山県北の鏡野町上齋原に住んでいる片田です。岡山県北も木地師の活動が盛んだった地域で、現在も小椋姓が多いです。
    昔木地師集落だった鏡野町上齋原の赤和瀬集落には、冬季は新潟並の豪雪地帯ですが、幕末の木地師の茅葺民家を移築して食堂にした「いっぷく亭」があり、積雪時期を除く毎年5月~11月頃開店しています。ここでは木地師が食べたであろう昔ながらの山菜料理が、木地師の子孫の地元のおばちゃんたちによって味わえます。また隣接の「木地師の館」では木地関係の民具の展示がみれます。ここに行くには大阪から鳥取県倉吉行きの日本交通高速バスで約3時間「上齋原温泉(かみさいばらおんせん)」下車、上齋原地域の無料バス(とろりんバス・土日祝日運休)で約10分「赤和瀬」下車です。山奥です。上齋原には国民宿舎があり、温泉・宿泊できます。

  5. kabocha より:

    こんにちは。コメントありがとうございます。

    すばらしいですね。ご先祖は蒲生氏郷公とともに会津に行かれたのでしょうか。
    自分のルーツさえわからない私には、小椋さんのようにご先祖から受け継ぐものがあり、また家に誇りをもっておられる方々がうらやましいです。
    7月20日が惟喬親王のお祭りなのですね。はじめて知りました。ありがとうございます。

  6. 小椋民男 より:

    会津若松に住んでいる小椋民男です、毎年7月20日に惟喬親王の祭りに必ず参拝してきます、先祖が会津に来て500年になり会津の祖もとです、君が畑の出です、親王の御所の場所です、先祖代々受け付いてる掛け軸があります、よろしければお見せします、

  7. kabocha より:

    こんにちは!コメントありがとうございます。

    素材は違っても、祖先の方々と同じ工芸のお仕事をされているとは、やはり血が呼んだのでしょうか(^^)
    これからもご活躍ください。

    やはり八日市周辺には小椋さんは多いんでしょうね。

    返信が大変おそくなりまして失礼いたしました。

  8. 小椋昭信 より:

    滋賀の八日市で生まれました。

    今は、奈良県生駒市で木工クラフト(クラフトアート)やってます。

    祖先に思いをはせて、日々、楽しんで、イベント用作品を作っています。

  9. kabocha より:

    はじめまして!コメントありがとうございます。

    小椋さんがうらやましいです。自分のルーツというか、血の源のようなものがはっきりと記されているような姓ですね。
    さすがに北海道からは遠いかもしれませんが、昔の人も一生に一度はと目指したそうですので、飛んでいける今の時代なら行かないわけにはいきませんよね。(^^)

    ちなみに私は絵を書くのは好きでしたが、木工が苦手だったので、それもうらやましいです^^;

  10. 小椋庸隆 より:

    拝啓

    私は現在北海道の函館に住んでおります。父方の祖父は岐阜県から北海道に渡ってきました。子供のころから父より、先祖は「これたか親王」の子孫で、代々お椀などの木の道具を作っていた、と聞いておりました。インターネットで調べてみると、木地師のほとんどが「小椋」を名乗っていたとのことで驚いております。父は建具屋(木で戸などを作る)でしたし、私の9歳の息子も工作がとても好きなので、何か因縁めいたものを感じます。一度、大皇器地祖神社を訪ねてみたいと思っております。