木地師のふるさと

愛知川をさかのぼった鈴鹿山脈に近い滋賀県東近江市の君ケ畑にある大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)と蛭谷にある筒井神社は、全国の木地師の発祥地として知られています。
御祭神はどちらも惟高親王です。

惟高親王は55代文徳天皇の第一皇子でしたが、母親の身分が低かったため、藤原氏から入内した女御に惟仁親王が誕生すると皇位継承に勝ち目はなく、身の危険を感じて鈴鹿山中へ逃避されました。

親王は巻物のひもにヒントを得て考えついたといわれる「ろくろ」の技術をこの地の人々に教え、その技術を持った木地師が全国へ渡っていったというお話です。

木地師とはトチなどの木を材料として、ろくろを使いお椀などの木工品を作る技術者のことをいい、木地屋と呼ばれることもあります。この辺りの地名は昔、小椋庄(小椋村)といい、木地師のほとんどが小椋姓を名乗っていました。

「こけし人形」は東北の木地師が始めたものとされますが、その東北の木地師は近江の蛭谷の出身で、小椋木地師が蒲生氏郷について東北に移ったのです。

木地師は惟喬親王を祖と仰ぎ、近江国愛知郡小椋庄に住む木地師一門を本家とし、地方に散在する木地師すべてを分家とし、君ケ畑の大皇器地祖神社か蛭谷の筒井神社のどちらかに氏子として所属していました。この2つの神社が全国の木地師を支配していたのです。本家の木地師は何年かに一度小椋庄に戻り、分家は一生に一度は本山訪問することを願いました。

明治までは木地師は全国のどこの山に入っても良く、山の8合目以上の木は切っても良いという許可を得ていました。彼らは近江国小椋村の君ヶ畑、蛭谷を原籍地として、ジプシーのように全国の山を20~30年ごとに移動しながら生活をしていたのです。

しかし、明治になるとそれまでのように勝手に山に入ることが出来なくなり、廃業したり転職したりするものも多く、また一部の森林豊かな地域に定着していったのです。

蛭谷の筒井神社には木地師資料館があり、ここにある資料によると、正保4年(1647)から 明治15年(1882)までの236年間に、木地師の名が4万9990人記されており、また君ケ畑の金龍寺には、元禄7年(1694)から明治26年(1893)までの200年間の巡国記録で、30ヶ国・9734人に及ぶ木地師の名が載っています。

君ケ畑という地名は、惟高親王がこの地で没したことに由来し、太皇器地祖神社、金竜寺、惟喬親王御所(高松御所)があります。金龍寺では現在でも不定期的ではありますが、全国から木地師が集まり親王の法要が行われるそうです。

小椋という姓の方のご先祖がみな木地師というわけではないでしょうが、関連がある可能性が非常に高いと思われます。木地師は非常に誇り高く、決して農民と結婚しようとはしなかったそうです。そのため同族婚、つまり小椋姓同士で結婚することが多かったからです。
実際に東北や長野、それ以外の地域でも木地師の里と呼ばれるところには小椋姓を名乗る方が多いです。(木曽は大蔵姓の方も多かったようです)

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 小椋のうちの一人 より:

    こんにちは。

    私も小椋です。
    東京出身ですが、私の父も裏磐梯の人間でした(17年前に不慮の事故で他界しましたが)。

    なんとなくエゴサーチしてたら、ここに行き着きました。

    いつか滋賀に行きたくなりました。

  2. kabocha より:

    小椋さん、はじめまして

    ここにはたくさんの小椋さんが立ち寄ってくださっていますが・・・・
    姿形が似ているというのはあるのかないのか、残念ですがここではわかりませんね(笑)
    ぜひ確かめてみてください
    このたびはお立ち寄りくださってありがとうございました

  3. 小椋 より:

    私は東京生まれですが、父親が福島県の会津地方の出身です。京都の何とか天皇の末裔と聴いていましたが・・・実の所はなんともわかりませんでした。
    ある日仕事でお客様が見えて、その方も同じ小椋性、京都からご来店いただきました・・・顔の輪郭も非常に私に似てまして、趣味も同じでした。
    やはり京都の方かな?と思っていて、ある日仕事で京都の方へ行き、その帰りに道に迷ってしまい、何とか滋賀県の琵琶湖の西でUターンして帰れました。
    後日何処で迷ったか地図を見てると、近くに小椋神社を発見・・・やはりこっちがルーツなのか?
    いつか小椋神社に行ってみたいです。

  4. あらき より:

    わたしの祖父が、小椋姓でろくろ細工をしていました。祖父の代で、終わってしまいましたが 代々続く仕事に誇りを持って仕事をしていたのを覚えています。
    ごくごくたまに、小椋さんに会うと、ものすごく嬉しくなりますね。

  5. kabocha より:

    コメントありがとうございます。
    誇りに思える名前っていいですね。
    これほどのネット社会になっても、自分のルーツを辿るのは簡単なことではありません。
    間違った情報や悪意のある情報も混在している中で、自分の苗字を調べるのは恐ろしいような気もします。
    それでも珍しい苗字なのか、私の名前はネット上にもあまり情報がありません。
    小椋さんがうらやましい限りです。

  6. 小椋 より:

    最近になってネットで自分の名字の小椋を調べました。私は岐阜出身者です。昔から自分の名字は変わっているなと思っておりました。今回調べてみて、小椋の名字にこれほど深い歴史があるとは思っておりませんでした。私のご先祖様が木地師なのかは分かりませんが、近いうちに大皇器地祖神社に参拝に行こうと思っております。また、木地師がろくろを使って製作した作品が欲しくなりました。どこかで購入可能なのかな?
    小椋の名字が好きになり、誇らしくなりました。

  7. 小椋 より:

    昔から自分の苗字や歴史などに興味があって父からよく聞いていました。
    私の出身地が福島県の盆地なのですが、ご先祖様が蒲生氏についてこの福島の地に来たのだと、誇らしげに言っていたのを覚えています。
    私は自分のこの苗字(歴史なども含め)が好きです。
    娘にも私の旧姓の話など、伝えていければと思っています。

  8. 小椋太一 より:

    昔、父からこれたか親王の話と、島流しで四国に、来たこと、家に木の一刀彫の大きな寿司おけが、あったのを覚えています。食べるのに、困ったら京都にいと、言われましたが実は滋賀だったンですね。

  9. kabocha より:

    更新のほとんどないこのブログにようこそお越しくださいました。
    コメントアップ遅くなって本当にすみません。
    ここにコメントしてくださる方々のお話はほのぼのしててとても温かい気持ちになります。
    長い歴史の流れを感じますね。
    ありがとうございます。>小椋さん 大平さん

  10. 大平卓 より:

    わたくしの産まれた福島はとても水、空気が美味しいです!わたくしはよく小さい時、滝の原(裏磐梯手前)とゆう小さなぶらくで、遊んでました、近くに大きな桜の木があったのを覚えています!母親の話しだと木を彫る機具もあったようです!素朴だけど、温かさが有りました。今はみな街の方に降りてきてますけど、復活させたい気持ちはあります!でも実行できる能力ないので断念です!思い出だけ大切にとっておこうとおもいます!