JR姫新線

先日、会社から指定の健康診断に行くため、久々にJR姫新線に乗りました。

たしか過去に一度だけ乗ったことがあるのですが、とにかくヤバいローカル線です。

何がヤバいのかというと、乗り降りの仕方が普通じゃないということなのです。最初に乗った時も困惑したのですが、今回もかなり焦りました。

JR姫路駅には山陽本線(神戸線)以外に、姫新線と播但線のローカル線があります。また加古川駅から加古川線も出ていますが、これらローカル線はその沿線に住んでいるとか、学校、職場があるなどの理由が無い限り、乗る機会がありません。

よく地方の方から都会の交通網が発達した町で、電車の乗換をするのは難しいだろうと言われますが、目と耳と口を使えば誰でも簡単に出来ます。行き先や方向は目で確認し、わからなければその辺にいる人に聞けばいいのです。自動改札機だって他の人がやっているのを真似ればいいのです。

しかしローカル線はそうはいきません。無人駅がほとんどで、乗客も少ないのです。
またそれぞれの駅で乗降の仕方が書いてあるわけでもありません。(書いてあったとしても、気がつかないことがほとんどです。)

今回私は、健康診断に行くため、JR姫路駅から隣の播磨高岡駅まで姫新線を利用しました。いつもはバスで行くので、列車で行くのは初めてでした。

姫路駅構内簡略図

姫新線は中央口を入って一番左(北側)奥のホームになります。東寄りが播但線で西側が姫新線になっています。

私はこの時すでにホームにいた播磨新宮行きの列車に乗りこみました。音楽を聞いていたのでヘッドフォンを付けていたのがいけませんでした。

列車はすぐに出発し、どうやらすぐに目的の駅に到着したようです。あまりに駅が小さいので着いたのかどうかもよくわからなかったのですが、停まっているので着いたのだと確認。でもドアが開きません。最近は防寒のため自動で開かないドアの車両も多くなりましたし、特にローカル線は乗降が少ないので昔から手動式のドアが多いです。ドアの横にあったボタンを押しました。

開かない!ドアが開かないのです。

急いで隣のドアのボタンを押しましたが、やっぱり開きません。この時、2両編成の列車でしたが、私のいたのは後部車両で、そこには他にもう一人座っているだけでした。

「どうやったら開くんですか?」と尋ねると、「前からしか降りられへんよ」と返事が・・・。

前方の車両を見ると、運転席から運転士さんが立ち上がろうとしているところでした。

この姫新線はワンマン列車なのです。

こんなローカル線で乗り過ごすと、あとでどんな目に合うかわかりません。東海道線だったらとうに出発してるはずですが、運転士さんは慣れているのでしょうか、じっと私を待っているようです。急いで前方の車両に移動。

ここでもうひとつ問題が!私は改札を通る際に、ICOCAを使ってしまったのです。ICOCAとはJR西日本のICカードです。東日本ならSuica。東海ならTOICAってありますよね?

姫新線には自動改札機が無いので、この場合は運転士さんに証明書を書いてもらい、ここでは料金だけ支払って降り、次回、自動改札機のある駅で処理してもらわなければならないのです。私が車両をウロウロし、運転士さんが証明書を書き終わるまでに、3分以上かかっていたでしょう・・・。ゴメンナサイです。

駅員はおろか、自動改札機も無い無人駅ばかりの姫新線です。改札にはなにやら箱のようなものが(ゴミ箱ではありません)置いてあるだけです。切符入れでしょう。

私が乗ったのは、始発の姫路駅だったので、すべてのドアが開いていましたが、無人駅で降りる場合は運転士さんに切符を渡して降りるため、ドアがひとつしか開かないのです。

また途中の駅で乗る場合もドアの開く場所が限られていたはずです。今回帰りはバスを利用したので確かめられませんでしたが、初めて乗ったときにそうだった記憶があるのですが(汗)。

また途中駅での乗車の際は、列車に乗った時に整理券を取って、降りる時に料金箱に切符と一緒に入れるそうです。

この動画を見ると、ちゃんと車内放送で「後ろのドアは開きません」と言っているようです。ヘッドフォンさえしていなければ焦らなくてもすんだようですね(汗)。

ちなみに姫新線とは兵庫県姫路市から岡山県新見市に至る総距離約158キロの、山陽と中国山地を結ぶローカル線です。現在特急は走っておらず、姫路―新見間を直通で走っている列車もありません。

乗り換え検索では、姫路~新見間を姫新線のみで案内するサイトはほぼなく、姫新線だけを利用した場合、4時間以上かかってしまいます。もちろん料金は一番安いのですが・・・。

姫路~津山なら岡山から津山線利用。姫路~新見なら倉敷から伯備線が一般的なようです。もちろん姫路から東の地域はすべて同様です。

ただ、この姫新線にはのじぎく兵庫国体キャラクター「はばタン」をラッピングした「はばタン列車」が走ります。現在は週末に走るのみのようで、詳しい情報はわかりません。

いや~、本当に乗ったことのないローカル線に乗るときはドキドキしますね。初めて乗る列車ではアナウンスをよく聞きましょう(笑)。

※特急「はまかぜ」は播但線①②番ホームからではなく、⑦番線になります。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんばんは!いつもありがとうございます。
    ドキドキするのもいいかもですよ!(列車のことですw)

  2. 三四郎 より:

    何の予備知識もなしにローカル線に乗ると恐ろしい目に遭いそうですね

    電車の旅は楽しそうですが、ハードルが案外高いかも