食い倒れ

大阪府の中でも紹介しましたが、大阪名物食い倒れについての紹介です。

大阪の食べ物って何かすぐに思い浮かびますか?あえて大阪というと「たこやき」くらいしか思い浮かばないという人も多いと思います。それでも大阪=「くいだおれ」というイメージはありますよね?
それではこれをご紹介しましょう。聞いたこと無い人も多いと思います。大阪の人にもあまり知られていませんが、関西の観光バスのバスガイドが昔から紹介する「食い倒れ」です。

大阪名物食い倒れ

「大阪名物食い倒れ、うまい物には数々あれど、とりわけ自慢のその一つ、すしの類を皮切りに、箱寿司、海苔巻き、散らし寿司、押し寿司、蒸し寿司、ばってらも、茶碗蒸しでもあしらいに、これまた、にぎりが風味よく、ピリッとわさびの効くところ、マグロにトリ貝、蛸にイカ、ホタテ、赤貝、鯛、あなご、ひもにあわびに海老おどり、赤だし相手の鉄火巻き、あがりをすすって名物の 寿司屋巡りはこのへんで、小料理小鉢はつき出しの 練ウニ、生ウニ、塩辛や、数の子すずきに、からすみや、通なところで燻製や、すずこにコノワタてはじめに 刺身 吸い物 すがき等、念仏片手のフグ料理、筍料理や松茸の 土瓶蒸しから ゆず入りの 焼き松茸もさりながら、灘の生一本と相並び、香りも高き上方の 難波の国の味自慢、青ノリ香るトロロイモ、お茶漬けサラサラ流し込み、ここら辺りで小料理の のれんをはねてハイカラに 移ればトンカツ、エビフライ、コキール、ポタージュ、コンソメと ビフテキ、サラダにライスもの、チキンライスにオムライス、ハヤシライスはお手軽で、カレーライスはサラリーマン 昼餉(ひるげ)に手頃と大評判、先頃この頃ご自慢の 中華料理の数々は ワンタン、ラーメン・豚まんじゅう、餃子にシュウマイ詰め込んで、八宝菜にフーヨーハイ、鯉の丸揚げ、ふかのヒレ、ここらあたりは上等で 我々チョイと手が出せぬ、せめて横丁のお値ごろで、お好み焼きにうどん、そば、丼物に舌づつみ、あとはおしるこ、おぜんざい、六方焼にきんつばや、回転焼にバナナ焼、たこ焼き食べて御満腹、難波の駅もついそこら、大阪名物食い倒れ、飲み上げ、食い上げ、懐を はたき出してのこの辺り、南のネオンも更けていく 急ぐ家路のお土産は、昆布、羊羹、粟おこし、母の音やさしいみおつくし、甘辛道中味めぐり、しからばおさらばサラリンコン、お別れ告げるといたしましょう。」

ダラダラ読むのではなく、七五調の調子をつけて読んでみてくださいね。

ついでに奮発して「杭だおれ」の方も紹介しておきます。

大阪の川や橋の話

いたるところに川が流れ、運河が網の目のように縦横に流れているために、大阪は水の都と呼ばれることがあります。したがって、橋の多いことは当然で、東京は八百八町、京都が八百八寺、大阪八百八橋と昔から親しまれています。ところが八百八橋どころではありません。

「天の浮橋、神代のはじめ、雲にかけ橋、霞に千鳥、数も一二三よ 四つ橋や、心いそいそ つい戎橋、粟の梅鉢、天神橋に、心浮気で散る桜橋、岸の姫松 住吉橋に、虎や名高き高麗橋は、これぞ誉れの日本橋か あるが繁盛の これ難波橋」

と数えてまいりますと、地名だけになっているものも多いのですが、1700余りもあるのです。また「東京のはき倒れ」「京都の着倒れ」「大阪の食い倒れ」とよく言いますが、食い倒れというのは、ただ食べることばかりをいったのではなく、橋が多いところから、橋の杭の修繕費で倒れるという意味も兼ねて「大阪のくい倒れ」の言葉が生まれました。大阪にはたくさんの橋がありますが、数ある橋の中でもバシと濁らず発音できるのは鶴橋と、他は淀川大橋のように大橋とつくものだけで、他は全部バシばっかりです。

「バシやったら たんとうありまっさかい 聞いとくれやっしゃ」
「東京だったら日本橋、大阪やったら日本橋をふりだしに、古い橋でも新橋わたり、二人仲良く相生橋、何とか話を心斎橋、君から先に岩崎橋、今橋来るまで信濃橋、そろそろここらで昌運橋、桜橋に千鳥橋、末吉橋に淀屋橋、肥後橋、四つ橋、住吉橋に、 難波天神天満橋 大江橋まで田蓑橋、大正橋に昭和橋、茂左衛門橋、旭橋、夕凪橋から朝汐橋と阿部野橋から吉野橋、賑わい橋から本町橋で押し寿司食べて、続いて渡る出入橋 扇、大船、長柄橋、赤い灯、青い灯、道頓堀をあんたと渡る戎橋、その先うちも白髪橋、端から端までみんなバシ」

ざっとこんな具合です。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんにちは!書き込みありがとうございます。
    私はたまに要請があるとバスに乗りますが、現在の自分の仕事が忙しいのでほとんど乗らないって言っていいと思います。
    たくさんの資料を見るともったいないとは思うものの、1年に1度か2度しかバスの仕事をしないので今はたまに乗るととても緊張します(笑)。
    そんなこんなで更新することもほとんどないこんなサイトですが、見ていただいてありがとうございました。

  2. lime_light2000 より:

    大阪名物食いだオルのフレーズ、大変懐かしく拝見しました。
    実は、私もかれこれ40年前に、車掌をしていましたので、このフレーズは、ガイドさんに教えていただきました。淡くも楽しい青春時代を思い出させていただきました。
    当時は、大阪にもたくさんの観光バス会社があり、観光地に行くと、互いに顔見知りだったりして楽しかったことを覚えています。
    そして、車掌はガイドはしませんが、お客様を楽しませる小技を覚えて、短い時間でしたが、修学旅行生をワーワー楽しませたりしてました。
    楽しかったひと時を思い出させていただきまして、ありがとうございました(^_−)−☆
    kabochaさんは、現役でバスに乗っておられるのでしょうか?
    お気をつけて、お仕事をお続けください。