京都東インターチェンジ付近

次は京都東ICです。上り線では、京都府最後の出口となり、ここを通過すると、滋賀県大津市に入ります。

東京、名古屋方面から京都市内に向かう時には、通常この京都東ICを利用します。秋の紅葉、行楽シーズンには、かなり長い出口渋滞をおこしていることが多いですので、そんな場合は瀬田東JCTから京滋バイパスを利用し、第二京阪、阪神京都線を利用して京都市内に向かうのも一つの方法です。詳細はこちら。

実際、どれくらいの出口渋滞をしているかわからないので、近付いてから出口の渋滞の長さがひどいことがわかった場合、いったん大山崎JCTまで走って、西側から京滋バイパスに入り、久御山JCTに向かったとしても、そこまでの高速道路の料金はかわりません。(京都東で降りる料金と同じという意味ではありません。瀬田東から久御山JCTへ向かった時の料金と同じという意味です。均一1000円の土日ならどこでも一緒ですが。)ただし、阪神京都線はしっかりと別料金を徴収されます。

ただし、そこまでするくらいの渋滞だった場合、単なる出口渋滞ではなく、名神本線の渋滞にまでなっているはずですので、早めに京滋バイパスに迂回する判断をしたほうがいいでしょう。

大阪方面からの車も、目的地が清水寺など、東山周辺の場合には、この京都東ICを利用することがあります。

また琵琶湖の湖西地区、三井寺、比叡山に向かう時にも、西方面からは、この京都東IC が最寄ICとなります。

東方面からの車の場合は、大津ICか京都東ICのどちらで降りるかは、微妙なところです。三井寺あたりは、大津ICで降りる方が早いと思いますが、大津ICで降りると大津市内のゴミゴミしたところを通らなくてはならないので、比叡山や湖西地区が目的地の場合は、やはり京都東ICの方が便利な気がします。京都東ICからは西大津バイパス(R161) が直結しており、そのまま湖西道路に繋がっているからです。

比叡山へは、京都東ICから西大津バイパス(R1)の南志賀ランプで降り、比叡山の標識にしたがって西に向かい、田ノ谷峠から比叡山ドライブウェイに入ります。
大津ICからの場合は R161から近江神宮前を経由して、同じように比叡山の標識にしたがって田ノ谷峠に向かいます。

34.988238,135.836163

話が大幅に飛びますが、行楽シーズンで、京都市内が混んでいると思われる時期に大原へ向かう時は、湖西道路(無料)を経由して真野 ICで降り、レインボー道路を通り、途中峠へ向かいます。途中トンネル(有料)を通れば、大原は近いです。急がば回れの代表的なルートのひとつです。とはいってもこのルート、三千院の公式HPでは、車でのアクセスの仕方として紹介されてますけど・・・。

逢坂山

京都東ICを過ぎると間もなく滋賀県に入ります。
逢坂山が左右に迫ります。その昔、武 内宿禰(タケノウチスクネ)が忍熊皇子と戦った時に、はからずもこの山の中で出会ったというので、逢坂山と名付けられたそうです。

またこの峠の頂上には、今から1350年余りの昔に逢坂山の関所がおかれ、平安時代の 初めには、美濃の不破の関、伊勢の鈴鹿の関と ともに三関のひとつとされました。
山城の国と近江の国の国境となっていた関所で、「夜 をこめて 鳥の空寝をはかるとも 世に逢坂の関は許さじ」と詠まれ、東海道、東山道(後の中山道)を上り下りする街道の要所でありました。

右下に国道1号線が見えます。昔でいう東海道です。峠には「関所跡」の碑があります。

トンネルが近づきます。2つのトンネルを続けてくぐります。

最初のトンネルは蝉丸トンネルです。
これやこの 行くも帰るも別れて は 知るも知らぬも 逢坂の関」と、この歌を詠まれた平安時代の盲目の琵琶師・蝉丸は、 時の帝のお子様として生まれましたが、生まれながらに盲目であったため、都を離れたこの山間の地に隠れ住まわれたといいます。このトンネルも蝉丸法師にち なんで、蝉丸トンネルといいます。(百人一首の坊主めくりで黄色い頭巾をかぶったお坊さんですね)

この蝉丸トンネルと次の大津トンネルの間は、非常に狭く、あっと言う間なのですが、一瞬だけ琵琶湖が 見えます。(2秒くらい?)上り線のみ、左側にです。ただし、バスやトラックなどの座席の位置が高い車でなければ見えません。

大津トンネルを抜けても、琵琶湖は見えません。琵琶湖を見るためには、大津SAに入らなければなりません。
昔は防音壁が無く、上り線と下り 線が段違いに作られているので、どちらの車線からでも琵琶湖がよく見えたそうですが、現在はまったく見ることはできなくなっています。
もし今でも 見えたとしたら、脇見運転で毎日事故だらけでしょうね。トンネルを抜けるとカーブになっていますし、防音の意味だけでなく、事故防止の意味もあるんではな いでしょうか。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    コメント欄に渋滞状況が知りたいという書き込みがありましたが、こちらではわかりかねます。
    コメントアップしておりませんが、ご理解ください。