三ツ山大祭

はや、今年も4月になってしまいました。
あっというまに、夏になりそうです(汗)。

今年は伊勢神宮の式年遷宮の年です。でも普段の生活では、あまりそういったニュースを聞くこともありません。たぶん地元の方、あるいは中部地方のニュースにはなってるのでしょうか?三重県って本当は近畿でしたよね(汗)。

式年祭は全国のいくつかの神社で見られ、鹿島神宮、香取神宮、諏訪大社などが知られますが、私の地元・播磨の総社にもこの式年祭があったのです。

現在お祭りの真っ最中。

花見もかねて行って来ました。

姫路の「総社」の名で親しまれている「射楯兵主神社」は姫路城のすぐお隣にあります。

この総社の20年に一度の大祭が三ツ山大祭です。この神社には60年に一度行われる一ツ山大祭と20年に一度の三ツ山大祭の2つの式年祭があるのだそうです。今回は第22回式年三ツ山大祭で、日程は3/31~4/7です。

山車や曳山ではなく、置山という造り山で、自然の山が山車に変化していく中で、自然の山に次ぐ原始的なものだそうです。

こんな感じです。
P1000747

三つ山がありますよね?

P1000750

上の画像は「小袖山」という山です。

P1000753

よく見て下さい。本物の小袖です(笑)。

P1000758

こちらが神門です。

なかなかの人出でした。

このお祭りは1週間続くのですが、この日は五種神事が行われる日で、流鏑馬や競べ馬などの神事が奉納されるということで、大勢の人が見物に集まっていました。場所は姫路城三の丸広場です。

ちなみに2日めには横綱白鵬関による土俵入り奉納がありました。

三の丸広場に移動開始です。

桜が満開です。

P1000764

P1000767

奥に見えるビルのような箱が現在の姫路城天守閣素屋根です。

P1000778

なかなか見えないので、こんな画像しかありません(涙)。

P1000786

こちらも必死で腕を伸ばして撮った画像なのですが、メインイベントなどは全然撮れませんでした・・・・。ま、現在の姫路城がこんな感じなんだーくらいで(汗)。

播磨国総社・射楯兵主神社公式HP

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    とっても頑張ってらっしゃるんですね。頼もしいです。
    私のブログは大して役に立つことは書いてないと思いますが(汗)、何かの参考になれば嬉しいです。

    私は、若いころはあまり現地を見ずに、本にばっかり頼ってました・・・・。
    ようやく最近、自分の足であちこち見たり調べたりするようになったんです。
    遅すぎですけど、楽しいです。

    私もできるだけ更新頻度あげるように努力しますね~

  2. フジタ より:

    はじめましてo(^-^)o
    いきなりのコメント失礼いたします。

    私は、現役バスガイドの3年生のフジタと申します。
    仕事の事を検索しているとkabocha様のこのブログがひっかかり、拝見させていただきました。

    私も、なりたい!と思ってなった職業ではないですが、なんとかその日暮らしのように毎日がむしゃらにやってきました。
    けれど、案内もぼちぼち、学年もぼちぼち、気遣いもぼちぼち、と最近壁にぶち当たる事が多くなってきました。

    どうしたらお客様が笑ってくれるか、こちらを向いて聞いてくれるかと考えたり、
    テキスト以外のことは、こうしてインターネットで調べると出てきますなが、ピンとくるものや私が求めているものがなく、いつも”ガイド”というより”説明”をしている感覚でした。

    けれど、こちらのブログを拝見して、とても励みになりました。

    お客様が耳を傾けてくれそうなお話もたくさんあって、詳しく、わかりやすく…。
    まだすべての記事を見てはないですが、読み終えたあとは、なんだかもっと新しい自分になれそうな気がしています。

    このあと一ページのこらず読み尽くしたいと思います!
    お忙しいとは思いますが、ブログお続け下さいますよう、お願いいたします。m(_ _)m