一条戻橋

京都市内、堀川通に沿って流れる堀川にかかる橋は何本もありますが、古くより最も知られているのが、戻橋です。

お芝居などで知られるこの一条戻り橋は、「いずくにも帰るさまのみ渡ればや、戻り橋とは人のいうらん」と和泉式部にも詠まれています。

この「戻り橋」の名前は、今から1100年ほど前の藤原時代、三善清行という学者が亡くなり、その葬儀の列があの橋へ差し掛かった時、たまたま紀州熊野で長い修業から帰った息子の浄蔵が、父の葬儀だと聞かされ、天に一心に祈ったところ、父親が蘇ったという伝説から付けられたといいます。

また羅城門の鬼を退治した渡辺綱という豪傑が鬼の化けた女の腕を取り戻したというお話からもこの名があると言われます。

昔は旅をするとき、必ずこの橋を渡っていったと言われ、また出て戻るという意味からお嫁入りの時は、この橋を避けて通ります。

堀川は京都市の水辺環境整備事業により、河川敷遊歩道が整備され、憩いの場を作っています。

現在の戻橋は1995年(平成7年)に架け直されたもので、近くにある晴明神社に、それ以前の一条戻橋を実際の部材を使って再現したミニチュアがあります。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんにちは!コメントいただきありがとうございます。

    栗東インターチェンジ付近の項のコメント欄でお伝えしました。

  2. 有限責任事業組合 藍の会 より:

    kabocha様お久しぶりです。
    ももさんのコメントを読ませていただきました。
    宜しかったらお力になれると思いますので、藍の会のブログのほうをももさんに御紹介していただけるとありがたく思います。
    藍の会の本来の業務内容になりますので
    大手のバス会社を中心にお役所の訪問監査が入っている様です。犬のマークのバス会社さんは専属契約の方すべて
    社会保険に加入させていますし阪急観光バスさんは専属契約の方すべて正社員雇用になりました。
    御存知だと思いますが書き込ませていただきました。

  3. kabocha より:

    結局似たような立場ということですね。(^^)
    お互いに頑張りましょう♪

  4. もも より:

    私は普段介護士してるのでバスに乗れるのは春と秋だけなので。バスに乗るには勉強が必要ですもんね。