一条戻橋

京都市内、堀川通に沿って流れる堀川にかかる橋は何本もありますが、古くより最も知られているのが、戻橋です。

お芝居などで知られるこの一条戻り橋は、「いずくにも帰るさまのみ渡ればや、戻り橋とは人のいうらん」と和泉式部にも詠まれています。

この「戻り橋」の名前は、今から1100年ほど前の藤原時代、三善清行という学者が亡くなり、その葬儀の列があの橋へ差し掛かった時、たまたま紀州熊野で長い修業から帰った息子の浄蔵が、父の葬儀だと聞かされ、天に一心に祈ったところ、父親が蘇ったという伝説から付けられたといいます。

また羅城門の鬼を退治した渡辺綱という豪傑が鬼の化けた女の腕を取り戻したというお話からもこの名があると言われます。

昔は旅をするとき、必ずこの橋を渡っていったと言われ、また出て戻るという意味からお嫁入りの時は、この橋を避けて通ります。

堀川は京都市の水辺環境整備事業により、河川敷遊歩道が整備され、憩いの場を作っています。

現在の戻橋は1995年(平成7年)に架け直されたもので、近くにある晴明神社に、それ以前の一条戻橋を実際の部材を使って再現したミニチュアがあります。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    そうでしたか!
    最初のコメントで誤解してしまったようです。大変失礼しました。
    私は最近別の仕事がメインなので、ガイド時代の勉強はキリがなくて大変だったなぁと思うことがあります。

    でもガイド続ける限りはやらないといけないんですよね。
    頑張ってください。

    最近はあまり更新してなくて・・・、でもまた頑張りますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

  2. もも より:

    こんにちわ(*^o^*)恥ずかしいですが私はもぅバス乗って20年ぐらいなります。でも なかなか覚えが悪くて(;_;)昔は高速なんか伸びてなくヒタスラ下道=峠を越えて船で渡ったり当たり前でした。今のガイドさんは想像付かないと思います。瀬戸大橋開通した時は四国ばかりでした。仕事もあったし。秋のシーズンに向け勉強頑張ってみます(汗)

  3. kabocha より:

    そういうことですか、やっとわかりました(汗)。
    察しが悪くて申し訳ないです。

    私の所属していたクラブでは、旅行を兼ねて研修がありましたが、最近は不況のせいかやっていないみたいですねぇ。

    やっぱり自分で定期観光バスに乗ったり、バス旅行に行くしかないでしょうか。

    後は、私が最近やっているように、自分で歩いて現地を確かめるのもいいですよ。これがけっこう勉強になります。私なんて今更なんですがね。昔もっとこういうのやっておけばよかったなぁって思ってます。

  4. もも より:

    教本は大手バス会社のとトラベル出版と合わせ100冊程はあります。行った所は後で復習するので 。バスガイドの講習会でもあれば参加したいですが なかなか無い物ですね(T_T)アドバイスありがとうございます(o^∀^o)

  5. kabocha より:

    そうですか~、とにかく頑張ってくださいね。
    暗記も慣れですよ(汗)。

    バス会社と直接契約しているなら、テキストなどゆずってもらえないか相談してみればどうですか?

  6. もも より:

    ありがとうございますm(_ _)mバス会社は大手ばかり入りましたが教習とか余り行ってなく‥暗記は苦手(>_<)で今ではノートもなく頭に入ってる事だけ話したりです。今はクラブとバス会社手伝いで居ます。

  7. kabocha より:

    こんにちは!ももさん
    ブログ見てくださってありがとうございます。

    バス会社に就職しないで、クラブか何かで活動しておられるんでしょうか?
    ガイドの基礎といっても、覚えるだけですから、基本は暗記ですよ~。

    ノートとはアンチョコ(死語?)のことでしょうか?つまり見ながら喋るためのもの?

    私は自分流のテキストを作っていくタイプなのですが、実際に案内する言葉で、全部セリフのように書いて行きます。
    それを暗記するだけでした。
    今じゃもう記憶力がないので(汗)、覚えられませんが、それでも昔と同じように新しい道ができるたびにテキストを作りますねぇ。
    単なる性格でしょう(笑)。

    頑張ってくださいね。

  8. もも より:

    初めまして。私は滋賀県に住む者です。 ガイドの基礎を習わず独学でしてる為 ノートの書き方が余り分かりません。京都 奈良も行けるようになりたいですかぼちゃさんの旅の雑学 案内が分かりやすくてブログ拝見させて頂きました

  9. kabocha より:

    遅くなって失礼しました。
    晴明神社については、実際京都でも「陰陽師」ブーム以前には訪れる人もほとんどいなかったはずですよ。
    今は修学旅行の自主研修コースで、訪れているのを見かけますけどね。
    いやいや、メディアの力は本当にすごいですね。

  10. 三四郎 より:

    この橋はなんかで聞いたことありますね

    名前の由来にいろいろな説があっておもしろいですね

    京都の晴明神社が出てますね

    話が脱線かもですが名古屋にも晴明神社がありまして近所に住んでます

    陰陽師ブームの頃によく名古屋の晴明神社を訪ねて大勢人が来てましたが、無人のとても小さい神社なのに驚いている人がいました(笑)