灘の生一本

西宮から神戸にかけて、お酒の銘柄が入った看板が見えることがあります。

「灘の生一本」とか「灘のお酒」というと神戸市灘区のことだと思われがちですが、この時の「灘」とは灘五郷を指します。

灘五郷とは今津郷(西宮市今津周辺)、西宮郷(西宮市西部)、魚崎郷(芦屋市~神戸市東灘区魚崎)、御影郷(神戸市東灘区御影)、西郷(神戸市灘区)と阪神間の海岸線に沿って点在する5つの地域の総称です。

灘五郷も時代の移り変わりととも地名や地域が変化していますが、上記5か所は現在の灘五郷です。

宮水

西宮の宮水播磨の米吉野の杉樽丹波の杜氏、これらの好条件があいまって芳醇なお酒が造られるのです。

その中でも「灘」のお酒に欠かせないのが「宮水です。

この宮水の発見についてまず紹介しますと・・・
1840年。櫻正宗の山邑太左衛門は西宮と魚崎でお酒をつくっていましたが、何故かいつも西宮の酒の方が美味しいお酒ができるのです。そこで西宮の水を魚崎に運んで醸造すると、西宮のお酒と同質の良いお酒が生まれました。この宮水の発見がその後灘を日本一のお酒処に変えていくのでした。

宮水は酒の害になる鉄分を含まず、酒造りに必要な塩分と硬度を持ち、リンやカリウムを多量に含んでいるという醸造には最適の水です。日本名水百選にもなっています。しかし、宮水は硬水ですので、水として普通に飲むのには美味しいとはいえません。通常おいしい水とは軟水の場合がほとんどです。日本名水百選は飲んでおいしい水だけが選ばれているわけではなく、歴史背景や地域との関わりも選定基準になっているので、必ずしも飲用に適しているとは限らないのです。

灘の酒蔵

今津郷 大関  扇正宗  金鹿
西宮郷 日本盛  灘自慢  喜一  金鷹 白鷹 白鹿  灘一  宝娘
島美人 徳若
魚崎郷 道灌  松竹梅  浜福鶴  櫻正宗
御影郷 白鶴  菊正宗  剣菱  戎面  瀧鯉 福寿  灘泉  泉正宗
大黒正宗
西郷 沢の鶴  富久娘  金盃

灘の酒造会社で一番歴史が古い会社は1625年創業の櫻正宗ですが、櫻正宗は同じ兵庫県の伊丹で創業し、江戸時代末期に魚崎に本拠地を移した会社です。

菊正宗は本業が材木商の嘉納屋本家が副業として1625年に酒造を始めた会社で、酒造専業になったのは分家の白嘉納家が白鶴酒造をつくった後だそうです。

この老舗御三家の両嘉納家(菊正宗、白鶴)と山邑家(櫻正宗)が昭和2年に現在進学校として有名な灘中学・高校を創りました。

嘉納家の親戚筋にあたり、「柔道の父」と呼ばれた講道館柔道の創始者・嘉納治五郎が学校創設の顧問にあたりました。もちろん最初から今のような進学校であったわけではありませんが。(うちの父はよく「昔は誰でも入れたんや」と言っていましたから)

灘五郷組合加盟の酒造会社は震災前には50社ありました。しかし、阪神淡路大震災の影響は非常に大きく、ほとんどの会社が蔵などに大きな被害を受けました。倒産してしまった会社もありましたし、その後も醸造をやめてしまったところもあります。銘柄だけは残っていても、醸造は他のメーカーでされているというところもあるそうです。

神戸に来たお客さんで「お薦めの地酒は?」と聞かれるのは困ったものでした。白鶴や菊正宗なんて全国どこでも買えますし、あまり聞きなれない銘柄のお酒であっても、全国の居酒屋や旅館に卸しており、全国に流通しています。また私個人は日本酒が苦手なので、試すことができませんし、もちろん個人の好みもありますので、難しいです。

そんな私が紹介するとしたら白鷹でしょうか。白鷹は全国で唯一伊勢神宮の御料酒に選ばれている清酒です。簡単に言うと、伊勢神宮のお神酒なんですね。毎日欠かさず天照大神が飲んでいるお酒というわけです。(アマテラスオオミカミ曰く、「私アル中じゃないわよ。だって土器にちょびっとしか入ってないもの。」てな感じ?)

白鷹は創業以来、品質第一主義、超一流主義に徹し、日本一の酒米「山田錦」を、たっぷりと使い、自家所有の八つの井戸から出る天下の名水「宮水」で仕込んだ、生もと造りの生粋の灘酒です。(白鷹HPより)

さすがにお値段も高いですが、他社がお酒のブレンドを当たり前のようにやっていた頃も(今も?)ここだけは品質にこだわり、一切ブレンドせず、自社製のものだけを売っていました。(昔こういう記事がよく出てたんですよね) そういうわけで、薦めるならここかなーと思うわけです。しかし、味は好みですからね。辛口のコクのあるお酒です。

– PR –

白鷹特別純米酒 宮水の郷1800ml

白鷹純米大吟醸 極上白鷹 1800ml

「宮水の郷・超特撰・吟醸」白鷹飲み比べセット

各酒造会社は蔵を利用した資料館やレストランを経営しているところもあります。蔵を訪れると試飲もさせてもらえますよ。お猪口に一杯程度がほとんどですけどね(苦笑)。
詳しくは灘五郷組合ホームページへ ⇒ こちら

最近外国の方々には蔵訪問はとても人気だそうです。そろそろ日本酒が美味しく感じられる季節がやってきますね。ぜひ一度酒蔵見学においでください。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    私も日本酒は苦手なんです。
    よく関係ないといわれますが、甘酒も苦手です。

  2. 三四郎 より:

    お酒の有名どころばかりが揃ってますね

    お酒は普段あまり飲まないのですが、主にワインやウイスキーになってしまいますが試飲できるバスツアーがありますんで一度行ってみたいです