灘のけんか祭り

兵庫県南西部の東播磨地域では、秋のお祭りが大変盛んです。

全国的に海辺の秋祭りは勇壮であったり、絢爛豪華であったりと見ごたえのあるお祭りが多いと思いますが、中には祭りへの意識や、生活における祭りの重要性が特に他の地域にくらべて高いところがあります。特に有名なところでは、岸和田の「だんじり祭り」がそのひとつでしょう。

祭りの日には学校が休みになったり、また会社も「あの地区の人は仕方がない」と特別に休みをとることが許されるほど、祭りが熱心なところがあります。

海に近いこの地域の神社の秋祭りは、10月に行われます。よく紹介されるのが松原八幡神社の「灘のけんか祭り」、大塩天満宮の「毛獅子の舞」、魚吹八幡神社の「例大祭(提灯練り)」ですが、なんといっても有名なのは「灘のけんか祭り」です。

「松原八幡神社秋季例祭風流」として、兵庫県の重要無形民俗文化財に指定されており、旧松原村の獅子屋台の太鼓の音は「日本の音風景100選」に選ばれました。

10月14日の宵宮では、11:00から夕方まで妻鹿・東山・八家・木場・宇佐崎・中村・松原から屋台7台(本宮では練り番以外の6台)が行う練り合わせ。本宮ではお旅山練り場で神輿が激しくぶつかり合います。

けんか祭りと呼ばれるほど、激しくぶつかり合うこのお祭りには事故もつきもので、時にはニュースにとりあげられる事故が発生することもあります。

このお祭りを詳しく知りたい方はこちらへどうぞ ⇒ ひめのみち「灘のけんか祭り」特集ページ

画像提供:「神戸観光壁紙写真集

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    今年は御柱の年でしたね−
    私も夏に行きましたが、すでに柱が新しくなってました

    愛知県は有名な秋祭りはないんですか?
    最近は祭りも祝日に合わせるところが多いようですが、神事の場合は人間の都合で日付を変えることができないので、行事のために休みを取るのもありなんですよ。
    文化、伝統のためですからねぇ(笑)

  2. 三四郎 より:

    激しい祭を一度見てみたいものです

    私の住んでるとこら辺では盆踊りとかちょっとしたもの位しかないですから

    祭で学校の休みが許可されたりとか理解があるんですね

    そういえば先日レンタカーで諏訪大社に立ち寄った時にちょうど御柱祭とか書いてありました

    全く見なかったですが