信州のゲテモノグルメ

信州信濃長野県は私の大好きな土地です。
単に旅行(仕事)で行くだけなので、地元の方と交流する機会もあまりないですから、実際のところはよくわかっていないのかもしれませんが、旅で訪れるには最高の場所だと思っています。

でも食べるものに関しては、正直グルメ王国とは言い難いです。信州へ行く格安ツアーの場合など、他の地域の旅行と比べると、どうしても見た目で劣ってしまいます。特に夏の信州では、人気の観光地ということもあって、宿泊料金は決して安くはありません。それを格安で宿泊するのですから、当然食事で削られてしまいます。

私はそういったツアーに同行する場合、一応前もってそのことには触れておくことにしていました。もちろん「食事が悪い」とは言えませんので、「海の近くの観光地と違って内陸ですので、見た目にはけっして豪華とは言えないかもしれませんが、ぜひ地元の味を楽しんでください。大抵信州での夕食のメニューは“そば”、“野沢菜漬け”、“山菜”、“山菜”、“山菜”、“山菜”、“さん・・・”となっていますので(笑)」みたいな感じで注意しておくのが、信州旅行のツアー前半にやっておく儀式みないなものでした。

もちろんこれは格安ツアーのためなので、料金さえまともに支払えば、豪華な食事を味わえます。ただし・・・、場所によっては豪華といっても、想像とは違った豪華な食事が出てきます。

特に南信州では、ホテル旅館の食事のメニューに「ゲテモノ」が入っていることがあります。
代表的なものでは「蜂の子」でしょう。伊那限定の「ザザムシ」は最高です。イナゴならドライブインでもよく見かけます。はっきり言って、これらは高価なものなので、格安ツアーには出てきませんが(笑)。

蜂の子

画像提供:信州・長野県観光協会

私の過去の経験で、最高に贅沢だったのは南信州の大鹿村にある鹿塩温泉での食事です。

蜂の子が付きだしで、イワナの刺身に馬刺し、さらに鹿肉の刺身(?)にコイの洗い。鹿肉は生を凍ったまま薄切りにしたもので、溶けないうちにショウガ醤油で食べてくださいと言われました。当然ながらソバや野沢菜漬けなどの定番ものもあり、鮎の塩焼きやキジ鍋など、全部は覚えていませんが、かなりの豪華メニューでした。

朝食にはイナゴの甘露煮が出てきて、「げっ!バッタだ!」とすぐわかったのですが、目の前に座っていたおじいさん(ツアーのお客様)は目が悪かったのか、「おお、エビじゃ、エビじゃ」と言って、美味しそうに口に運んでいました。「おじいさん、それイナゴですよ」とは言いませんでしたよ(笑)。
みんながエビだと思って食べたとは思いませんが、よほど味付けが良かったのでしょう。その出発時に、玄関横の小さな売店でイナゴの甘露煮を買う行列が出来ていました。

信州などの山に囲まれた雪国では、冬期に動物性のタンパク質が欠乏するので、こういった虫も食材にして長期保存して食べることが多かったようです。

大鹿村の秘境「鹿塩(かしお)温泉」は山の中にありながら、なぜか塩泉という不思議な温泉です。またその温泉の肌触りはなめらかで、実際の海の近くにある塩泉とは違う感触です。中央自動車道松川ICから車で約50分。伊那山地と南アルプスの間にある山のいで湯のため、登山客などが主に利用する温泉場ですが、非常に良いお湯でした。20年も昔に泊まっただけですが、今でも忘れられない温泉のひとつです。

馬刺し

画像提供:信州・長野県観光協会

信州げてものランキング

1.ザザムシ
2.イナゴ
3.蜂の子
4.鹿肉
5.馬刺し

信州の人にすれば、日常で食べる食材もあるので怒られそうですが、一般的にはあまり食べないものとして、並べてみました。

私はナマコの酢漬けが好きですが、あれも立派なげてものですよね(笑)。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. より:

    う~ん、ローメンはやっぱり無理かも・・・・
    古い街道はけっこう好きです。野麦峠はマイカーで通ったことがあります。

  2. 三四郎 より:

    ここより南の青崩峠をかなり前に車で真夜中に通ったことがありますが、舗装がなくて酷い道だった覚えがあります

    ローメンは肉がマトンを使って癖があり、油で揚げた太い麺を使っているので結構ボリュームがあるので人によってはかなりくどいかもです

    テーブルに酢やソース、ニンニクなどが置いてあり、適当にかけて自分好みの味にして食べます

  3. より:

    分杭峠は関西からも行けるバスツアーがあるのかなぁと探してみたんですが、残念ながら見つかりませんでした。
    個人的には超常現象などには、あまり興味は無い人間ですが、秋葉街道は路線バスなどがあるなら行ってみたいです。ただ、県をまたぐ路線バスって、あんまりないんですよねー。

    ローメンは食べたことないんですが、どんな感じなんでしょ?

  4. 三四郎 より:

    分杭峠のバスツアーは人気みたいでほぼ満席でした

    不思議な気で満ちているのか手が痺れるような感じがしましたよ

    昼食はゲテモノでなく安心しました

    ソースカツ丼はローメンと合わせ毎年食べに行きます

  5. より:

    そんなバスツアーがあるんですかっ!!?
    さすが名古屋!(意味はないですw)

    毎年ソースかつ丼食べに行ってるんですか?すごいですねぇ。

  6. 三四郎 より:

    味つけなどは問題ないですが、やっぱり際どいものが多い感じですね

    明日はバスツアーで長野のパワースポットで話題になってるらしい『分杭峠』という場所に行くんですが、昼食が何やら怪しげでした(笑)

    来月は長野のソースカツ丼発祥の店の『青い塔』という所に車で行く予定です

    毎年10月にここで食事してから近くの公園でイルミネーション祭みたいのがあるんで見に行っております

  7. より:

    実は信州の食べ物は苦手だったりします(汗)。
    おそばは美味しいと思いますが、典型的な信州グルメとなると、食べるものがない~!!てことに・・・
    愛知県と長野県だと同じ中部圏なので、味付けなどの点では問題ないんでしょうね?

  8. 三四郎 より:

    信州の食べ物は私も好きです

    イナゴや蜂(父の知り合いに趣味で捕獲する人がいたので)はちょくちょく食べていたので抵抗ないですが、蜂の佃煮の中でも成虫と幼虫、蛹とある中の蛹の薄皮一枚隔てた中から覗く蜂の顔の不気味さはちょっと堪えますね(笑)

    長野は今年のGWにようやくご当地グルメのローメン発祥の店に行くことができ、長野のソースカツ丼も好きです

    上山田温泉のそばに『ニンタレカツライス』(ちょっと有名らしいです)なるものを出す店があって、去年のGWに車で行ってみたんですが店が休みで食べ損ねました

    今はそれがどんなものか気になってます