カレーと肉じゃが

カレー肉じゃがといえば、日本人には慣れ親しんだ家庭の味の代表です。とくに肉じゃがなんて「お袋の味」として、日本の家庭料理の決定版的存在ですが、日本人が肉を食べるようになったのは明治以降ですから、長い歴史の中では、それほど古くからあるものではないのです。
このカレーと肉じゃがは「日本海軍」と非常に密接な関係があります。
明治の日本海軍は英国海軍方式を真似て軍隊食を取り入れました。長期間船で生活する水兵の食事は栄養のあるものでなければなりません。英国海軍が食べるシチューを日本人向けにアレンジして出来上がったのがカレーライスです。
また肉じゃがについては、東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューの味が忘れられず、軍艦の料理長に作らせたところ、西洋の調味料がなかったので、日本式に醤油と砂糖を使って作ったのが、後の肉じゃがになったといわれます。
この2つの料理、調味料が違うだけで、基本的な材料が同じなうえ、調理が手軽で、肉と野菜のバランスのとれた食事ですから、補給の面でも具合の良いこの2つのメニューが海軍食として普及したのです。
カレーは横須賀海軍鎮守府が最初に採用したので、横須賀が発祥の地と宣言し、肉じゃがは東郷平八郎が初めて司令長官として赴任したのが舞鶴鎮守府であったため、舞鶴市が肉じゃが発祥の地を宣言しました。でもそれより前に東郷平八郎が参謀として赴任していた広島県呉市も肉じゃが発祥の地を宣言しており、ライバル関係になっているようです。
海軍カレーは金曜日。海上自衛隊ではすべての部署で金曜日にカレーを食べるそうです。長い船の上での生活では、曜日の感覚がなくなってしまうので、毎週同じ曜日にカレーを食べるんですって。美味しいらしいですね。
西日本では、カレーも肉じゃがも肉は牛肉なんですが、東日本では豚肉なんだそうですね。カレーの肉が豚肉って言うのは聞いたことがありましたけど、肉じゃがも豚肉とは知りませんでした。
ちなみに東郷平八郎は「坂の上の雲」のドラマでは渡哲也さんが演じています。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. かぼちゃ より:

    kazuさん、こんばんは~。
    週3日でもカレーでいいとは、相当なカレー好きですねー。
    あ、でも私もバスガイド時代には、よくサービスエリアでカレー食べてました。理由は、1.出来上がるのが早い、2.早く食べ終われる だったからですけど(笑)
    カレーって、好みの加減はあっても、「まずいっ!」っていうのに当たることは滅多にないのが良いところですよね。
    美味しいカレーのお薦めの店があったら、ぜひ教えてください。

  2. kazu より:

    こんばんは。週に3回カレーでも良いくらいカレー好きです。
    いとこが昔、海自の厨房に勤めていたのですが、そのいとこから「海自の毎週金曜はカレー」だと聞かされるまでは知りませんでした。
    しかし肉じゃがは普通に有ったものだと思っていたので「発祥」については考えた事も無かったですよ。
    ・・・目うろこでした(3ω3)ノ