布引の滝

暑くなりましたね~。お久しぶりです。

しばらくPCの調子が悪くて、フリーズを頻繁に起こすようになったので、初期化してソフトを詰め込んでと、泣く泣く処置をほどこしました(涙)。

さてさてしばらく前のまだ寒い春の布引の滝を紹介しますね。

JR新神戸駅の一階出口から外に出て左を見ると、高速バスのバス停があります。その脇から駅の背後に向かう連絡通路があり、そこに布引の滝への案内文字が見えます。

この高架下のトンネルを抜けると・・・・

この坂を上がって行きます。

振り返ると新神戸駅がこんな具合に見えています。

しばらく進んで、上の画像の橋を渡ります。両側についているのが神戸市のマークです。

橋を渡って左に、川沿いに進みます。

ここで分岐点です。右の階段を上がると、一番奥にある雄滝に向かいます。
左に川沿いに進むと、小公園を抜けて雌滝がすぐに見えてきます。

お勧めは左側へ、雌滝からまわるコースです。

上の画像が雌滝です。

この日は滝の水がとても少なくて、残念ながらこの画像からですと滝の様子がわかりにくいです。実際に肉眼で見ても「へ?」というくらいの水の無い滝でした。

この滝の横にある階段を上がって進んでいきます。

途中にはたくさんの歌碑が立てられています。

鼓ヶ滝の石碑がありますが、残念ながら滝は見えません。昔は川の対岸を進めたので見えたそうですが、現在は川向こうは通行止めのために、滝を見ることができないのです。

ここからもう少し先に雄滝があります。

ものすごく水が少ないですが、雄滝です。

この雄滝の滝壺の下に夫婦滝があります。

ここから先へ雄滝の横の階段を上って進むと、布引ダムで堰き止められた布引貯水池に至ります。少し距離がありますが、時間があればハイキング気分でいかかでしょうか。

この奥に六甲縦走路の市ケ原へと続く道があります。 ⇒六甲山縦走路 菊水山~再度山

布引の滝は新神戸駅からすぐに行けるとても手軽な景勝地です。

この日の滝はとても水が少なくて魅力的じゃないですが(汗)、ぜひ時間がある時に巡ってみてくださいね。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんにちは!
    きっと今頃なら水量がたくさんありそうですね。

    冬の間はダムや貯水池では水を貯め込んでいるので、どこへ行っても水の量が少ないですね。
    まだまだそういう時期だったので仕方ないですが、寂しい画像ですみません(汗)。

  2. 三四郎 より:

    確かに水が少ないですね

    滝を目的に行くと『アレ?』と思うかもしれませんね

    暑いので滝に涼みに行くのは節電にもなっていいですね

    パソコンが大変なことになってたようですが、もう大丈夫なようでよかったです