近江商人

近江商人とは主に今の滋賀県、かつての近江国を出身とする商人のことで、大阪商人、伊勢商人と並んで日本三大商人といわれることもあります。

琵琶湖に臨んだ近江国は、古来水陸交通の要衝の地として開け、農産物も豊かで早くから市が立ち、商業が盛んでした。

鎌倉、室町時代になると、この地の商人達は比叡山延暦寺と結んで座を結成し、越前、伊勢、美濃方面へ盛んに行商に出かけるようになりました。

江戸時代に入ると交通の発達と市場の拡大にともなって全国に進出し、その活躍はいっそう活発になりました。徳川幕府が鎖国政策をとる以前に、安南屋、シャムロ屋などのように海外へ飛躍したものもいました。

近江の商人達は、はじめ天秤棒を肩に、近江特産の蚊帳、上布、畳表などをもって出発し、各地で売りさばきながら、その地の特産を仕入れ、さらにそれを売りながら旅を続ける「持ち下り商い」と呼ぶ行商で富を蓄えました。次に各地に出店を構え、その出店の間で産物を回す、「産物回し」によって財をなし、江戸日本橋通り、大阪の本通り、京都三条通に大店舗を連ねるようになりました。
琵琶湖の鮎と近江商人は他所へ言って出世するといわれるように、地元には会社を作らず、別の地に会社を構えるのが特徴でした。

近江商人は一般的に「八幡商人」「日野商人」「五個荘商人」と分けられるのが多いのですが、豪商を多くだしたのは、近江のうちでも八幡、日野、彦根などで、最上の紅花、会津の漆器、名古屋の青貝塗といった各地の産物を一手に動かし、関東の醸造業、松前の漁業にまで商才をふるいました。

さらにその富力によって、金融の上においても大いに活躍し、大名貸しや、日野出身の中井家のように仙台藩、その他の藩の藩財政の実験を握るものまで現れました。

滋賀県提供

八幡商人

八幡商人の扱った商品には特に蚊帳が多く、江戸時代初期に西川甚五郎を筆頭とする13戸の蚊帳業者が元文年間には47戸に増加するほどの盛況で、江戸日本橋に堂々たる店を持っていました。
西川甚五郎、判伝兵衛、森五兵衛らは八幡の御三家と呼ばれ、全国にその名をとどろかせた豪商です。

近江商人の流れを汲むとされる企業

伊藤忠商事
丸紅
高島屋
大丸
西武グループ
トーメン
ニチメン
ヤンマー
三中井百貨店
日清紡
東洋紡
東レ
日本生命
ワコール
西川産業(ふとんの西川)
武田薬品

てんびんの詩

私がずっと昔、バス旅行の帰り道によく車内でかけていたビデオの題名です。
初めてこの作品を見たのは当時の松下電器産業(現パナソニック)の新人社員研修の帰り道ででした。福知山の陸上自衛隊での研修からの帰り道に研修の一環としてこのビデオを新入社員に見せるのが通例でした。

大店の息子が小学校を卒業して、家の跡取りとして認められるための修行をするドラマです。天秤棒をかついで鍋ぶたを売る行商に毎日でかけるのですが、全く売れません。彼なりの知恵をしぼってなんとか売ろうとするのですが、その方法は親の名を使ったり、媚びを売ってみたり、嘘をついたりとなかなか面白いのですが、ちっとも売れません。

ところがこのビデオが終わる前に会社に到着してしまい、最後まで見ることができませんでした。どうしても最後が気になって気になって、あちらこちらのレンタルビデオ店で探し回り、とうとう見つけました。その最後のシーンは感動で涙が止まらず、どうしてもこれをたくさんの人に見せたいものだとダビングしてバス旅行のお客さんに見せていました。もちろんダビングは違法です。今は時効なので白状しますが(笑)。ただし、教育ビデオの表示があったせいか、著作権の問題についてはビデオでは触れられていませんでした。
結局そのビデオは擦り切れるまで使い、もう今では見ることができません。当時どうしても新品が欲しくてネットで探し回りましたが、ブログも無い時代で、その情報は手に入りませんでした。

しかしつい最近また思い出して検索してみたところ、色々な情報にヒットし、現在販売されていることを知りました。しかしとても高額で買えそうにありませんし、今はもう使うことも無いので、購入は諦めましたが、またぜひいつか見てみたいものです。

これをバス車内で放映していた頃、どんなに賑やかなお客さんでも途中から熱心に見入り、所々で笑いが起こり、最後には必ず何人かのすすり泣きが聞こえてきたものでした。そして自分も何回見ても最後には涙が出てしまうのでした。

正社員だった頃は、大阪のお客様ばかりだったので、この商人の話が興味深かったのか、共感するところが多かったのかわかりませんが、大抵良かった良かったと言われたものでしたが、ガイドクラブに入って地方のお客様とご一緒する機会が増えた時に数回だけこのビデオを流したところ、やはり地域によってはさほど感動しない人達もいることに気付きました。それっきりこのビデオを見てはいませんが、アルバイトにしろ何にしろ、一度くらい販売やサービスの仕事に関わったことのある人なら何かしらは感じるドラマです。機会があればぜひ一度ご覧ください。ただし残念ながらレンタルビデオ店で取り扱っているところはほとんどないようです。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク