被災された方々へのお見舞い

3月11日の東北関東大震災で被災された皆様に対し、心よりお悔み・お見舞いを申し上げます。

あまりにも被害が広大、甚大であることに、ただ呆然とするばかりです。

直接被害がなかった私たち西日本の人間でさえも、連日ニュースで報道される被害の様子や原発の様子を見て震えるような恐ろしさを感じるのですから、現地の方の胸の内を想像すれば、かける言葉もありません。

今現地には足りないもの、必要なものがあまりにも多く、難問が山積みだと報道されています。西日本からは個人的には人間もモノも現地に送ることが出来ません。

今私たちにできることは支援として義援金を送るくらいしかありません。

主催:

NHK、中央共同募金会、日本赤十字社、NHK厚生文化事業団

受付方法:

【1】窓口受付
・全国のNHK放送局の窓口
・中央および各都道府県共同募金会
・日本赤十字社本社および各都道府県支部

※ただし大きな被害を受けている、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県については、受付体制が整い次第窓口を開設。

【2】郵便振替
振替口座
口座名義:中央共同募金会 東北関東大震災義援金
口座番号:00170-6-518

口座名義:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
口座番号:00140-8-507

※手数料は無料です。

募集は現金に限ります。物品は、受付できません。

問合せ:

中央共同募金会 電話03-3581-3846
日本赤十字社  電話03-3437-7081

この大震災についてここに書くこと自体迷いましたが、やはり無視することが出来ない大きな出来事であり、こういった遠いところからでも応援している人間がいることを知って欲しく、また阪神淡路大震災で被災した私の従姉妹が、その時の事を多くの人に忘れないでもらいたいと言っていた言葉を思い出し、ここに記すことにしました。

ただ私たちでさえ先行き不安なニュースが続き、どうすることも出来ないもどかしさを感じる今、被災された皆さんは本当に恐ろしい想いをされ、家族や家を失い、 あるいは未だ安否がわからない家族をかかえておられる方がいる中、ただ安易に頑張れという言葉をかけたとしても、慰めにもならないでしょう。

しかし不安や不満がつのって、場合によっては誰かに怒りをぶつけたくなって も不思議ではない状況です。そういうことを理解し、本当に力になれるのは近くにいる方々です。なんとか助け合って今現在の危機を乗り越えていただきたいと、心より応援しています。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク