ポートアイランド

前回は三宮の北側、布引の滝をご紹介しましたが、逆に三宮から南へ向かうとポートアイランドがあります。

ポートアイランドは神戸の中心三宮から南へ約3キロの海上につくられた人工島です。

六甲山系の土を運んで埋め立てられました。第一期工事は1981年に完成し、これを記念してポートピア’81という博覧会が催されました。この頃が株式会社神戸市といわれ、神戸市が行う事業が色々成功し、話題を呼んでいた時期です。このポートピア’81も地方都市博のさきがけで大成功しました。

ポートアイランドへの交通は公共の乗り物としては三宮駅からポートライナーがあり、また車では神戸大橋と港島トンネルで繋がっています。

ポートライナーは日本初の新交通システムで、無人運転です。現在は2006年に開港した神戸空港まで延長されました。

博覧会の際にオープンした遊園地ポートアイランドは残念ながら2006年に閉園になってしまいましたが、観光目的で訪れるスポットが何箇所かあります。

ポートアイランド内施設

神戸市立青少年科学館
科学に関する展示室とプラネタリウム、バーチャリムを持つ日本有数の大型科学館。 9:30~16:30
水曜休館
大人600円
子供300円
(プラネタリウム別料金)
公式ホームページ
UCCコーヒー博物館
ポートアイランドに本社ビルを持つUCC上島珈琲の博物館。1987年10月1日(コーヒーの日)に日本で初めてのコーヒー専門の博物館として開館した。コーヒーの歴史や文化、栽培や流通などコーヒーに関する展示と喫茶室がある。 10:00~17:00
月曜日休館
大人210円
小中学生100円
公式ホームページ
神戸花鳥園
神戸を含めて全国5ヵ所にある加茂グループの施設。花と鳥とのふれあいを基本とした全天候型テーマパーク。花の温室の中に鳥が放し飼いになっている。 大人1500円
子供700円
シルバー1000円
9:30~17:30
年中無休
公式ホームページ

※加茂グループの施設は神戸花鳥園以外に静岡県掛川市にある加茂花菖蒲園と掛川花鳥園、静岡県富士宮市にある富士花鳥園、島根県松江市にある松江フォーゲルパークです。
加茂花菖蒲園以外はたぶん施設的にはよく似ていると思います。
私は富士、松江、神戸の3ヶ所に行きましたが、入園口の見た目と内容はほとんど同じでした。
ここは一度は行ってみる価値はあると思います。洋ベゴニアの大温室は素晴らしいです。思わず写真が撮りたくなります。
それからフクロウのコレクションがすごいです。珍しいフクロウがいっぱい。これがまたかわいいんですよね。このベゴニアとフクロウは共通して、どの施設でも見ることができます。
他にも神戸にはオウムやペンギンなど様々な鳥がいますよ。

ポートアイランドは港神戸の中心にもなっています。現在貨物の取り扱いの中心はこのポートアイランドとなっており、震災の影響でかつてほどの取扱量はありませんが、コンテナバースが広がり、海運倉庫会社の倉庫が建ち並んでいます。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    インコを飼ってるんですかー。
    小さい頃にセキセイインコを雛から育てるのが楽しかったですが、大人になるとすぐ逃げられてしまうことがほとんどでした(汗)。
    花鳥園はどこも作りは同じです。フクロウがいっぱいいるのも同じ。
    ベゴニアガーデンも同じ。
    あと、ちょっとだけ違うらしい?(笑)。

  2. 三四郎 より:

    掛川花鳥園は知っていましたが神戸にも姉妹施設があるんですか

    妹が鳥が好きでよく行くらしく、前に久々に会ったらインコや文鳥が10羽位飼ってました

    私もちょっと大きめのインコを飼ってるんですが、人が飼えなくなったのを貰った奴なんで懐かないのでちっともかわいくないです

    私もかわいいインコやオウムに癒されに行きたいです

    地方博はいろいろありましたね

    つくば博は行けなかったですが、地元では20年位前にデザイン博なんてのがありました

    小学校の遠足で行きましたよ