春の嵯峨野めぐり

先日、また嵯峨野めぐりの仕事があったので、思いっきり散策してみました。
桜も満開、お天気も最高、極上の散策日和です。許された時間は約2時間20分。

まずは天龍寺から。

天龍寺

天龍寺方丈

天龍寺方丈

天龍寺 曹源池庭園

北門から外に出ます。北門は曹源池庭園を抜けたところにあります。つまり庭園に入園しない限り、天龍寺の中から北門へ行くことはできません。

天龍寺北門

天龍寺を北門から抜けると、嵯峨野を代表するような竹林の小道に出ます。よくドラマの撮影に使われるロケ地でもあります。

天龍寺北の竹林

天龍寺の北門を出て右に行くと野宮方面ですが、左の大河内山荘、亀山公園の方に進みます。

5分ほど歩くと大河内山荘の前に出ます。

大河内山荘入口

大河内山荘には入らずに亀山公園(嵐山公園亀山地区)に向かいます。
渡月橋の西、保津川沿いから登ってくる人の姿もたくさん見られました。
頂上(?)の展望台へ向かいます。きつい登りではありませんが、少々汗をかくくらいの感じです。

亀山公園展望台からの景色

元来た道を大河内山荘まで戻ります。
そのまま通過して、今度は常寂光寺へ。

嵯峨野トロッコ嵐山駅

嵯峨野トロッコ嵐山駅

大河内山荘からすぐのところにトロッコ嵐山駅があります。旧山陰線を利用した嵐山観光人気のトロッコ列車だけあって、大勢の人が乗車を待っていました。

そこからすぐのところに小倉池があります。

小倉池横の小道

小倉池は百人一首に出てくる小倉山の麓にある池で、かつてはハスやヨシが生える風流な池でしたが、一時釣り堀になっていたこともあって、現在の様子はかつてのものとは違うそうです。

小倉池を過ぎて100mほども歩けば常寂光寺に着きます。

常寂光寺1

紅葉の名所として知られる常寂光寺ですが、せっかくなので中に入ってみます。

常寂光寺 仁王門

奥に見える階段を上ります。

常寂光寺境内からの景色

展望がたいへん素晴らしく京都タワーも見えます。

常寂光寺庭園

小倉山の山腹にある常寂光寺。平坦では無いので足の悪い方には少々辛いかもしれませんが、見事な苔が木々の根を覆います。

常寂光寺多宝塔と紅枝下

シャクナゲが満開でした。

常寂光寺のホンシャクナゲ

常寂光寺の山門を出て、まっすぐ進み、最初の十字路を左にとります。すると落柿舎の茅葺きの屋根が畑の向こうに見えます。

落柿舎遠望

落柿舎は後で訪ねることにして、横目で見ながら二尊院の方向に直進します。

二尊院総門

渡月橋からこの辺りまでで約2キロくらい歩いたことになります。

二尊院門前の境内マップ

こちらも嵐山屈指の紅葉の名所で、下の画像は紅葉の馬場とも呼ばれる 二尊院の参道です。

二尊院参道(紅葉の馬場)

見どころの多い二尊院ですが、時間的に余裕が無いので、ここは総門からの様子だけで拝観はせずに次へと向かいます。

奥嵯峨の入口にあたる祇王寺滝口寺へ。
二尊院前から北に進み、後は道なりに左へと道をとりながら祇王寺への道を進みます。祇王寺と滝口寺はほぼ隣り合わせですが、まずは一旦祇王寺の前を過ぎて滝口寺から参拝します。

滝口寺

祇王寺に比べると訪れる人の数も少なく、シーズンでもあまり人の姿は見られません。

滝口寺本堂

滝口入道と横笛の木像

「平家物語」の滝口入道と横笛説話ゆかりの地として知られる滝口寺ですが、お隣の祇王寺に比べると、手入れなどの面でやや荒れた様子が気になりました・・・。

滝口寺の境内には新田義貞の首塚があります。
越前(現在の福井県)で、足利尊氏との戦いで討ち死にし、首が三条河原で晒しものにされましたが、妻の勾当内侍(こうとうのないし)が、夫の首を密かに盗み出し密かに埋葬し、
出家してこの地で生涯、夫を弔ったといわれます。

新田義貞 首塚

次に祇王寺へ向かいます。

祇王寺入口

この祇王寺も平清盛に寵愛を受けた祇王らが尼僧として余生を過ごしたといわれる「平家物語」の遺跡です。

祇王寺 見事な苔の庭園と本堂

見事な苔の庭園と、その向こうに本堂が見えます。

祇王寺本堂

祇王寺の竹林

紅葉の名所として知られる祇王寺は、小さいながらも手入れの行き届いた庭園など、奥嵯峨の名所らしい風情を感じることができます。

境内には祇王、祇女と母の3人の墓と平清盛の供養塔があります。

祇王寺の宝篋印塔

そろそろ時間も厳しくなってきたので、最後に落柿舎へと来た道を戻ります。

落柿舎入口

落柿舎は松尾芭蕉の高弟、俳人向井去来が別荘として利用した草庵です。松尾芭蕉も3度ここを訪れています。

庭には多くの句碑が建てられています。

芭蕉句碑

また落柿舎の北100mのところに向井去来の墓があります。

弘源寺墓地にある去来の墓

さてさて、もう2時間が経過し帰らないと間に合いません。ここからは野宮神社の前を通って渡月橋に向かいます。

嵯峨野の小道と人力車

ここを右に曲がれば野宮方面です。人力車の向かう方向は丸太町通りへ続く道です。
野宮神社神社は嵯峨野の入口、嵯峨野めぐりのスタート地点とよく紹介されます。そのため人力車がいつもここでお客様の呼び込みをしていますので、人力車の姿を見かけるようになれば野宮神社が近くなってきた証拠でもあります。

ちょうどこの辻を曲がったときに、奥に山陰線の踏切で遮断機が下りていました。

JR山陰線

ここはJR山陰本線と旧山陰線を走るトロッコ列車の両方が通る区間ですが、たまたま通ったのはトロッコの方でした。しかし携帯のカメラが間に合わず、サヨウナラ・・・・。
線路だけの画像ですが、桜がとても綺麗で外国の方々がカメラを向けていました。

野宮神社

賑やかな野宮神社の様子です。源氏物語にも出てくる遺跡で、伊勢斎王となる皇女が、伊勢に向かう前に、1年間潔斎をされた場所です。

と、ここまで来たらちょうど携帯電話のバッテリーがきれてしまいました。なんとか最後までもってよかった。

駐車場に戻ると、ちょうど出発の15分前でした。ふ~、よかった。
散策時間は2時間15分だったでしょうか。また次は秋の紅葉時期に巡るチャンスがあれば紹介したいと思います。

各神社仏閣、遺跡などの詳細な説明は省きました。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク