三姉妹博

滋賀県長浜市で開催されている【江・浅井三姉妹博覧会】の情報です。

私はまだ行っていませんが、雪の心配が無い暖かい時期になったら行ってみようと思っています。

滋賀県長浜市は湖北地域と言われる琵琶湖北岸に面したところで、冬は日本海の影響を強く受け、雪の多い地域です。ここ何年かはあまり雪が多くなかったように思いますが、今年はご存知のように全国的に雪が多く、長浜でも小谷城バスは2月25日まで運休しています。

特に急いで行く必要もありませんが、もし長浜の有名な盆梅展を一緒に鑑賞されたいならば、盆梅展は3月10日までですので、ご注意ください。

三姉妹博は1月15日から始まっており、12月4日のフィナーレまで、長浜市内3箇所のパビリオンを中心に様々な催しとあわせて楽しめるようになっています。

パビリオン

浅井・江のドラマ館】【小谷・江のふるさと館】【長浜黒壁・歴史ドラマ50作館】の3箇所で、いずれも有料ですが、3館共通で750円、3館共通券+博覧会バスで1000円となってます。
もちろん1館ずつの料金設定もあります。また盆梅展とあわせたパスポートもありますので、詳しくは長浜市観光協会のサイトを御覧ください。

アクセス

長浜黒壁・歴史ドラマ50館へは北陸本線長浜駅から徒歩、もしくは西口より博覧会バスで。パビリオンを3箇所まわるなら、一日乗り放題の博覧会バスを利用すると便利です。
詳しくは博覧会の公式サイトへどうぞ。

その他のみどころ

長浜は観光地としては見所の多い町です。JRでのアクセスが大変便利で、駅から徒歩で回れる範囲に見所が集まっています。現存する最古の駅舎である旧長浜駅(長浜鉄道スクエア)や秀吉ゆかりの長浜城(豊公園)黒壁スクエア大通寺など、また1~3月に毎年催される盆梅展も大変有名です。

さらに足を伸ばして国宝彦根城のある彦根の街や、琵琶湖に浮かぶ竹生島などへのアクセスもありますので、1日あるいは1泊2日で楽しむのにちょうどよい観光地となっています。

さらに宿泊施設も整っていますので、ぜひ足を運んでください。

-PR-  長浜ロイヤルホテル

特に列車を利用される場合は、博覧会バスが運行されている今年中の長浜観光をおすすめします。ぜひご利用ください。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    お久しぶりです。
    バスツアーだと、女性向けの雰囲気な長浜の印象ですね。

  2. 三四郎 より:

    早速ここに立ち寄るバスツアーが私のよく使うバス会社に登場しておりました

    一度行っておくべきか迷っておりましたので、タイムリーな話題でした