鉄人28号 新長田にて

鉄人28号に会いに行ってきました。

鉄人はJR新長田駅近くの「若松公園」というところに立っています。

私は直接駅から歩いて行ったわけではなく、高取山登山(前回の記事)の帰りにそのまま歩いて向かいました。

おお!見えて来ました。後ろ姿です。

鉄人28号は、神戸出身の漫画家横山光輝さんが1956年に発表した作品です。当時「鉄腕アトム」と人気を二分した鉄人28号以降、横山さんが発表した作品は、「伊賀の影丸」「仮面の忍者赤影」「魔法使いサリー」「コメットさん」「ジャイアントロボ」「バビル2世」など様々なジャンルで名作ヒットマンガ&アニメとなりました。

JR新長田駅を南に出ると、右側に鉄人28号の形をした街灯が並んでいる通りが見えてきます。

そこを進むと鉄人28号の姿が見えてきますよ。

おおーーー!!!

町の中には色々な鉄人グッズも売っています。

KOBE鉄人PROJECTという団体がありまして、横山光輝さんの偉業をたたえ、イベントの開催やモニュメント、記念館の設立を目的としているそうです。

そのKOBE鉄人PROJECTが横山光輝さんの後年の大作「三国志」を商店街の中で紹介しています。

平成23年3月19日には「三国志ガーデン」が誕生しました。
私が行ったのが3月9日だったので、まだオープンしていませんでした。残念。

町の商店街の角々に石像が立っています。

この商店街は六間道商店街です。休日は賑わっているのかな?この日は閑散としていました。

広範囲にわたってバラバラに立っているので、全部見て回るにはそこそこ歩きます。

最後は三国志ガーデンそばの駒ケ林駅から地下鉄に乗って帰りました。

もともとは震災後の神戸復興が目的で始まったプロジェクトのようですが、現在は町おこしといった感じが強いように思います。

東日本大震災で被災した各都市が、一日も早くこの長田のように復興することを願うばかりです。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    最近岡本太郎さんのドラマとかもやってましたしねー。
    もう40年もなるのに風景に馴染まないというか、ものすごく自己主張してるのを見ると、やっぱり芸術家の作品なんだなーって思いますね。

    関係ないですけど「せんとくん」なんかも一緒で、最初はショッキングなほど印象的で悪い方の話題になったりするんだけど、長い目で見るとやっぱり芸術家の作品は時代を感じさせないんだなーって、変に感動したりします(笑)。

  2. 三四郎 より:

    この鉄人28号ってテレビとかで有名なやつですよね

    一度見てみたいものです

    そういえば先日鳥取に行きまして、途中で久々に大阪や兵庫を通る車窓からいろいろ眺めておりました

    太陽の塔を久々に見ました