Xhtml+CSS入門書

こんにちは。かぼちゃです。
ホームページの公開は今年中にはできそうにもありません・・・。
もうしばらく本や関連サイトと睨めっこが続きそうです。
私はよく口癖のように「とりあえず◯◯しよう!」とよく言うのですが、実際にはすべてを理解してからでないと行動に移せないことが多いです。
これは性格というか、癖というか、染みついているんですね。
バスガイド時代に、自分でもあまりよくわかっていないことを観光案内で説明すると、大抵後から質問されたり、突っ込まれたりして、「あー、あんな話しなきゃよかった」ということが、新米の頃にはよくありました。話のネタに困った時には、人から聞いた話をそのまま話題に入れることはよくあることですが、しっかり内容を把握していないと、表現があいまいになり、後で下手に質問される原因にもなります。なので人から聞いた話も自分で出所を調べる、事実かどうかを確認する、理解するといった風に、自分の情報として身につけてから言葉に出すようにしていました。
このためか、わからないことをわからないままにしておくことがどうも苦手です。先のこと、後のことを考えてしまいます。(あ~、やだやだ。この石橋を叩いて割ってしまう性格 ⇒ 慎重になりすぎ、叩きすぎで橋が壊れて進めなくなる。仕方ないので自分で橋を造るタイプ)
すべてにおいてこんなタイプというわけではないのですが、ホームページ作りはこれがピッタンコにあてはまってしまいました。
htmlとxhtmlの違いはなに?どっちで書いたらいいの?後で困るの?どぉなのよぉぉ~!!?
ここで詰まってます・・・(汗)
そんな私がホームページ作りをしようと決めてから参考にしているサイトは「ブログが作りたい」さんです。恥ずかしがり屋の私はコメントさえしたことありませんが、とってもわかりやすくて感謝しています。
このサイトで推薦されている現場のプロから学ぶXHTML+CSSという本も購入しました。「おお!これは確かに良い本だ!」と、これは後々活用させてもらえそうです。でも、まだ足下が暗くて一歩が踏み出せない状態なので、作れる!わたしのWebサイトという本も併せて購入。これもどこかのショップサイトのレビューが良かったので購入しました。なかなか良い本です。この本に書いてある通りにすれば、とりあえずサイトが作れるのは間違いありません。初心者用の本なので、文書型宣言の記述などに関しては、「『おまじない』だと思って書いておきましょう!」と親切です。
しかーし、この「おまじない」を信用しないのが私なのです。おまじないの種類はどれくらいあるのかとか、このおまじないで扉は開くのか?などと余計なことを考えてしまうのです。どーしようもない奴です・・・。
今年はたぶんこの状態で終わりそうです。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク