淀川

海老江から阪神高速道路3号神戸線に入り、神戸方面に向かって走る設定で、進んでいきますと、まず高速に入ってすぐに淀川を渡ります。

この淀川について紹介してみます。

大阪の人々の命の水で、淀川を語ることはすなわち大阪を語るといえるほど、大阪を育んできた川です。

琵琶湖から流れる瀬田川と丹波から流れる桂川、伊賀山中から流れる木津川の3つの川が山崎の天王山あたりで合流し、淀川となります。

全長75.1㎞あり、昔から大阪と京都を結ぶ大動脈で、伏見と八軒屋の間は三十石船が上下しました。

古来幾度となく氾濫し、古くは仁徳天皇が茨田堤を築いて、その治水に努めたといわれます。

明治以降もしばしば洪水に悩まされましたが、大正13年改修工事が完成しています。

淀川の水は、上水道、農工業用水として大阪を育ててきました。

水源地は琵琶湖

淀川の水源は法律上では琵琶湖とされています。
実際に淀川の名前が生まれるのは、京都の淀あたりからですが、淀川の本流は瀬田川~宇治川~淀川となっていますので、水源地は琵琶湖です。

淀川の長さは75.1キロですが、これは琵琶湖から大阪湾までの長さです。では上流にあたる「瀬田川の長さは?」というと、法律上瀬田川は淀川の別名でしかないので、瀬田川の長さという定義はないのだそうです。

日本の川の中には水源地から海までの間に、何度か名前を変える川があります。代表的な川では日本一の長流・信濃川があります。信濃川は水源が甲武信岳で上流の長野県では千曲川と呼ばれ、新潟県に入ってから信濃川となります。千曲川と呼ばれる流域の方が長いのですが、法律上は川の全体の名前は信濃川であって、千曲川というのは別名でしかありません。つまり日本の河川法においていういと、正式に千曲川という川は無く、千曲川は信濃川を指すことになるのです。

支流の数は965

瀬田川や宇治川という名前は、淀川本流を意味するため、支流ではありません。しかし、途中で合流する桂川や木津川は淀川の支流になります。
しかしそれだけでなく、琵琶湖に流れ込む川や木津川などの支流もすべて淀川水系と呼ばれ、それらの全体の支流の数は965本で、日本一の多さです。

淀川の治水とかかわった人物

仁徳天皇・・・茨田堤(まんだのつつみを築く。(淀川の堤防の始まり)

桓武天皇・・・長岡京や平安京の造営の際、淀川水系の改修工事をしている

豊臣秀吉・・・太閤堤と文禄堤を建設。大阪城と伏見城の2つの拠点を結ぶ大動脈として、戦略の手段として作った堤防で、文禄堤は京都・大阪を最短で結ぶ京街道として利用され、現在もその跡が残る。

河村瑞賢・・・徳川幕府による淀川治水工事で安治川を開削。

ヨハネス・デ・レーケ・・・政府によって招かれたお雇い外国人技術者。(明治政府は鉄道や橋はイギリス、造船はフランス、治水や港の建設はオランダから技術者を招いた)
当時、淀川の土砂流出により、船が入れなくなっていた大阪港の築港のため、淀川の砂防や改修工事を行った。

沖野忠男・・・明治の大改良工事で新淀川を作り、瀬田川洗堰や毛馬閘門を建設した。

こうした改修工事によって流れが変えられた現在の淀川は新淀川と呼ばれ、大川と呼ばれる旧淀川は、堂島川と土佐堀川に分かれて中之島を作り、また合流後は安治川となって大阪湾に注ぎます。

くらわんか船

淀川は物資と人を運ぶ大動脈で、「天下の台所」大阪を支える大きな道でした。その道を往来したのが三十石船でした。

「三十石船」は、長さ17m、幅2.5mの旅客専門の乗合船で、1日2回、伏見と大阪の間を定期的に上下していました。上りは両岸を利用して引網で引きず り上げるので、下り船の倍のまる1日がかりでした。その旅客に「飯くらわんか、酒くらわんか」など叫びながら近づき、酒や餅、魚、果 物などを売っていた茶船を「くらわんか船」といいます。権力者の武士に対しても強引に売りつける不作法な商法が人気を呼び、淀川の名物とされていました。

実際淀川の川底からは沢山の茶碗が出土しており、当時、食事の料金を食べた茶碗の数で数えていたので、ちゃっかりした人々が ごまかすために、川に捨てていたのではないでしょうか。

淀川を渡るとすぐ、次に神崎川を渡ります。ちょうどこの辺りは神崎川の中洲になっているところで、佃という地名です。

徳川家康が大阪の住吉大社から、現在の兵庫県川西市にある多田神社にお参りに向かう際、神崎川を渡ろうとしましたが、あいにく渡し船が無かったため、この辺りの漁民が代わりに船を出したのが縁で、その後、家康のために数々の奉公をすることになります。その恩賞として彼らは江戸近海の漁業権を与えられ、江戸に移り住むことを許されました。

そこで幕府から与えられた隅田川の河口、江戸の鉄砲洲の干潟を埋め立て移住しました。新しい居住地はふるさとの地名にちなんで佃島と名づけられました。これが現在の東京都中央区佃島です。この佃島に建立された佃島神社に、白魚の煮物を供えたことに由来する保存食がやがて「佃煮」と呼ばれるようになったそうです。

佃を過ぎ、左門殿川を渡ると兵庫県尼崎市に入ります。

他の記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. kabocha より:

    こんばんは!
    大阪の水は確かにまずかったですねー。私が大阪に住んでいた頃、喫茶店の中には水道水を使って珈琲をいれるところがありました。
    そんな珈琲はとても飲めたものじゃなかったです。もちろん季節によってかなり味は変わったようですが・・・。
    でも技術の進歩で、現在の大阪の水道水はかなりおいしいそうです。
    ただほとんどの家が浄水器をつけているか、ミネラルウォーターを飲む習慣ができてしまっているようですよ。

  2. 三四郎 より:

    淀川にもいろいろネタがありますね(^^)

    私達名古屋人が他の地域に住むことになってまず困るのが水だと以前聞いたことがあるんですが、随分前に大阪の知人宅で水道水を口に入れようとしたらちょっと臭うなと思いました(^^;

    今はよくなってるんですかね。

    名古屋の水道水は飲み水として都市の水道水の上位にランキングされる位においしいらしく、缶に入って売っているのを見たことがあります(^^;